2017.10.23 05:02

ヤクルト、清宮の外れ1位は明大・斎藤、中大・鍬原、立命大・東らリストアップ

ヤクルト、清宮の外れ1位は明大・斎藤、中大・鍬原、立命大・東らリストアップ

特集:
2017ドラフト情報
明治・斉藤大将=神宮球場(撮影・斎藤浩一)

明治・斉藤大将=神宮球場(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 ヤクルトは22日、東京都内の球団事務所でスカウト会議を開き、26日のドラフト会議で指名する候補選手を約70人に絞り込んだ。さらに、1位候補の早実高・清宮幸太郎内野手(3年)が競合し、抽選に外れた場合の1位候補として、明大・斉藤大将投手(4年)、中大・鍬原拓也投手(同)、立命大・東克樹投手(同)ら約10人をリストアップした。

 12月までシニアディレクターを兼務する小川淳司監督(60)は「外れ1位がどうなるかは分からないけど、即戦力の投手というスタンスは変わっていない」と説明。候補選手の映像チェックや、球団の選手の戦力分析も行った。

 スカウト会議は23日も開かれ、24日には衣笠球団社長も出席。1位候補を最終決定する見通しだ。(赤尾裕希)

ドラフト上位候補へ

  • 先発の立命大・東克樹投手=ほっともっとフィールド神戸(撮影・二星昭子)
  • 中央大学・鍬原拓也=神宮球場(撮影・菊本和人)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト、清宮の外れ1位は明大・斎藤、中大・鍬原、立命大・東らリストアップ