2017.10.17 05:04(2/4ページ)

「いく!」阪神・糸井、15日右腕に死球…腫れても強行CS

「いく!」阪神・糸井、15日右腕に死球…腫れても強行CS

特集:
糸井嘉男
死球をうける阪神・糸井

死球をうける阪神・糸井【拡大】

 大一番を目の前に、姿を消した。まだ雨音が聞こえ続けていた、甲子園の室内練習場。乱戦を乗り越え、再び決戦へと挑もうと静かに体をほぐす虎ナインの中に、糸井だけがいなかった。あのゲームの代償は、鈍い痛みで腕に残る。だが糸井は戦う。金本監督に強い意志を示していた。

 「自分でちょっと(練習を)やったんじゃない? ちょっと腫れもあるしね。(試合があった場合でも)本人は『いく』と言っとったよ」

 みなぎる闘志を受け取った指揮官が、状態と、やり取りを明かした。たとえ雨雲が晴れても腕が腫れても「強行出場」。当然そのつもりだった。結果的に、悪天候で17日に順延となり“恵みの1日”になった。ついに迎える、生きるか死ぬかのCS第3戦。17日も、糸井は出る。

【続きを読む】

  • 15日、死球を受けた右腕を押さえる糸井。腫れは残るが強行出場する
  • 練習を見守る金本監督(右)。糸井は不在も、その男気に期待をかける(撮影・岩川晋也)
  • 練習する阪神・岩崎=甲子園球場(撮影・林俊志)
  • 練習する阪神・ドリス=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 投球する阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・林俊志)
  • 練習を見守る阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 練習する阪神・福留=阪神甲子園球場(撮影・林俊志)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 「いく!」阪神・糸井、15日右腕に死球…腫れても強行CS