2017.10.16 20:46

西武・野上、プロ初のCS先発も試合つくれず…四回途中2失点で降板

西武・野上、プロ初のCS先発も試合つくれず…四回途中2失点で降板

4回途中で先発・野上(20)が降板となり、ベンチで厳しい表情を見せる西武・辻監督=メットライフドーム(撮影・大橋純人)

4回途中で先発・野上(20)が降板となり、ベンチで厳しい表情を見せる西武・辻監督=メットライフドーム(撮影・大橋純人)【拡大】

 (パ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第3戦、西武-楽天、16日、メットライフ)西武の野上は2失点して四回途中で降板した。4年ぶりの2桁勝利となる11勝を挙げ、プロ9年目で初めてつかんだCSの先発マウンドで好結果を残せなかった。

 「無駄な四球を出さないようにしたい」と気持ちを引き締めて臨んだものの、一回に3四球で二死満塁を招き、内野安打で先制点を許した。制球に苦しみ、四回は暴投で失点した。

 今季楽天とは5月に対戦し、3回5失点で敗戦投手になっていた。再び試合をつくる投球ができなかった。

試合結果へCS日程へ

  • 1回、楽天・ウィーラーに先制内野安打を許した西武・野上=メットライフドーム(撮影・大橋純人)
  • 先発した西武・野上=メットライフドーム(撮影・早坂洋祐)
  • 先発した西武・野上=メットライフドーム(撮影・早坂洋祐)
  • 1回、先制を許した西武・野上(右から2人目)のもとにナインが集まる=メットライフドーム(撮影・大橋純人)
  • 先発した西武・野上=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)
  • 4回途中でマウンドを降りる西武・野上=メットライフドーム(撮影・早坂洋祐)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武・野上、プロ初のCS先発も試合つくれず…四回途中2失点で降板