2017.9.24 05:05(2/4ページ)

阪神、福留から8点大勝!七回イッキ4点口火「勝っていくしかない」

阪神、福留から8点大勝!七回イッキ4点口火「勝っていくしかない」

特集:
福留孝介
勝利し、ナインを迎える阪神・福留、小野、ロジャースら=神宮球場(撮影・松永渉平)

勝利し、ナインを迎える阪神・福留、小野、ロジャースら=神宮球場(撮影・松永渉平)【拡大】

 神宮に六甲おろしが響き渡った。リーグ優勝の火は消えても、日本一への道は続いている。4番・福留がナイン、そしてファンの思いを代弁する。ヤクルトを一気に飲み干し、2位死守へまた一歩、虎を前進させた。

 「“つないだ”ゲームができたというのは、いいんじゃないかな。もう勝っていくしかない。それだけじゃないかな」

 先制、中押し、ダメ押し。すべて口火を切ったのは40歳の主砲だった。

 ハイライトは1点を返され、リードが3点に縮まった直後の七回先頭。右腕・山本の外角シュートを、コンパクトに中前にはじき返した。続くロジャースも三遊間を破り、一死満塁から梅野が2点打。伊藤隼、俊介の連続適時打に相手の拙守もあって一挙4得点で、勝負を決定づけた。

 ヒットだけではない。四、五回と2打席連続で選んだ四球がともに得点につながった。「打てる球がくれば打つしね。今年、うちのチームは四球も多いしね」。チームの総四球数はこの日の7個でついに500に到達。広島を抜き、12球団トップとなった(昨季は435)。金本監督が就任当初から「2ストライク後からは打撃を変えろ」と言い続けてきたが、ようやく浸透。チームの核となる男がそれを体現するのだから、しぶとい猛虎打線が完成するわけだ。

【続きを読む】

  • 福留は七回先頭で中前打。猛攻の口火を切った(撮影・森本幸一)
  • 福留孝介アットバット
  • ヒーローインタビューを終え、ファンの声援に応える阪神・ロジャース=神宮球場(撮影・小倉元司)
  • 9回、安打を放つ阪神・梅野=神宮球場(撮影・松永渉平)
  • 8回、登板する阪神・高橋=神宮球場(撮影・森本幸一)
  • 7回、登板する阪神・石崎=神宮球場(撮影・森本幸一)
  • 7回、選手交代を告げる阪神・金本監督=神宮球場(撮影・森本幸一)
  • 7回、適時打を放つ阪神・俊介=神宮球場(撮影・松永渉平)
  • 7回、安打を放つ阪神・植田=神宮球場(撮影・松永渉平)
  • 7回、適時二塁打を放つ阪神・伊藤隼=神宮球場(撮影・松永渉平)
  • 6回ヤクルト・リベロの打球を失策する阪神・糸井(右)=神宮球場(撮影・小倉元司)
  • 4回、適時打を放った阪神・大和=神宮球場(撮影・森本幸一)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神、福留から8点大勝!七回イッキ4点口火「勝っていくしかない」