2017.9.20 05:03(2/3ページ)

イチロー、投げない敬遠を初体験「面白くない」 MLB記録超え日米通算24年連続敬遠

イチロー、投げない敬遠を初体験「面白くない」 MLB記録超え日米通算24年連続敬遠

特集:
イチロー
メッツ戦の五回、左前打を放つマーリンズのイチロー=マイアミ(共同)

メッツ戦の五回、左前打を放つマーリンズのイチロー=マイアミ(共同)【拡大】

 43歳にして初めての体験だった。三回、投手が1球も投げることなく敬遠四球を宣言できる新ルールが適用され、イチローが一塁へ歩いた。

 「(敬遠には)4球の間の空気感がある。面白くないね。駄目だね」

 初めて味わった感覚に、正直な思いを吐露した。イチローは昨年5月の規則委員会で新ルールが合意された際に「敬遠で苦しむ投手もいる。変えるべきではない」と発言。野球そのものを変えてしまうとの危惧を表明していた。

 これで日米通算24年連続で敬遠四球を記録。マ軍球団広報によると、メジャー記録とされる23年連続を上回った。記録更新の敬遠は思わぬ形だったが、バットはさえた。五回の1イニングに2安打。1本目はカーブに体のバランスを保ち、鮮やかに左前へ。次は右前に力強く打ち返した。

 「多くはないとはいえ、別に初めてじゃない。特別な気持ちは、ないですけど」

 五回は一挙7得点。イチローのこの回2打席目は11-1とした二死三塁で適時打となり、12点目を挙げた。昨年6月13日のパドレス戦(サンディエゴ)以来の1イニング複数安打。これで9月の月間打率を・346(26打数9安打)とした。

【続きを読む】

  • 三回、新ルールでの敬遠四球で出塁したイチロー。ちょっぴり不満げ?(共同)
  • メッツ戦の五回、右前適時打を放つマーリンズのイチロー=マイアミ(共同)
  • メッツ戦の5回、右前適時打を放つマーリンズのイチロー=マイアミ(共同)
  • メッツ戦の2回、遊ゴロに倒れたマーリンズのイチロー=マイアミ(共同)
  • メッツに勝利し、チームメートとタッチを交わすマーリンズのイチロー(右から2人目)=マイアミ(共同)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. イチロー、投げない敬遠を初体験「面白くない」 MLB記録超え日米通算24年連続敬遠