2017.9.13 16:12

阪神・西岡、背中の強い張りで出場選手登録抹消

阪神・西岡、背中の強い張りで出場選手登録抹消

 阪神・西岡剛内野手(33)が13日、背中の強い張りで出場選手登録を抹消された。藤浪晋太郎投手(23)も同抹消となり、代わって岡崎太一捕手(34)と江越大賀外野手(24)が登録された。

 西岡は前日12日に異変を感じ巨人戦(甲子園)を欠場。不在が響いた形で、延長十二回ドローとなっていた。同日中に大阪市内の病院で診察を受けたが、一夜明けたこの日も患部の張りが強すぎたため、自宅療養となり抹消される運びとなった。ひねるなどの原因があったわけではなく、疲労によるものと見られる。

 西岡は7月17日の広島戦(甲子園)で、昨年7月の左アキレス腱断裂から約1年ぶりに復帰。だが、左足かかとに打撲を負い8月24日に抹消されていた。9月5日に再び出場選手登録され、復帰した矢先だったが、またも痛い離脱となった。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・西岡、背中の強い張りで出場選手登録抹消