2017.9.11 05:05(3/5ページ)

阪神・掛布2軍監督、今季限りで退任 考え方に隔たり…金本監督と並び立たず

阪神・掛布2軍監督、今季限りで退任 考え方に隔たり…金本監督と並び立たず

特集:
移籍・退団・引退
阪神・掛布2軍監督の年度別成績

阪神・掛布2軍監督の年度別成績【拡大】

 関係者の話を総合すると試合前、試合後も特打を行うなど、徹底した練習量で選手を鍛える1軍の方針と、選手の自主性を重んじる掛布2軍監督との考え方に昨季終盤から隔たりがあったという。1軍が強化の柱にしているウエートトレーニングについても認識の差があった。

 DC時代から指導を受ける中谷が今季19本塁打を放ち、2軍スタートだったD1位大山が4番を務めるまでに成長。一番弟子の伊藤隼はこの日のDeNA戦(甲子園)で九回、プロ初のサヨナラ打を放った。成果は多々あり、チーム全体としては一定の底上げに成功したが、ウエスタン・リーグは今季48勝55敗8分けの最下位。来季優勝するためには、今季不振の藤浪、高山、原口、北條らをもう一度鍛え上げる必要があり、球団は単年契約の終了のタイミングで2軍体制の見直しを決めた。

 掛布2軍監督は鳴尾浜で取材に応じ「若手が1軍で活躍してくれたり、非常に充実した4年間だったと思いますね」と話した。DC時代を含めた4年間の情熱的な指導を評価する球団からは、坂井オーナー付アドバイザーというポストを準備していることを伝えられた。フロント入りについては「はっきりとまだ聞いていないので」と態度を明らかにせず、熟考した上で返答することを明かした。

【続きを読む】

  • 鳴尾浜での2軍戦前に取材に応じ、今季限りでの退任を認める掛布2軍監督。ファンに感謝の思いでいっぱいだった(撮影・須谷友郁)
  • 2015年10月30日、甲子園での秋季練習で背番号を披露した掛布2軍監督(左)、金本監督ががっちり握手
  • 阪神・今季コーチングスタッフ
  • 掛布雅之の年度別打撃成績
  • 試合後、ファンに「阪神掛布雅之31」と入った千社札を配る掛布2軍監督(左)
  • 2軍監督退任に関して囲み取材を受ける阪神・掛布2軍監督=鳴尾浜球場(撮影・須谷友郁)
  • 2軍監督退任に関して囲み取材を受ける阪神・掛布2軍監督(中央)=鳴尾浜球場(撮影・須谷友郁)
  • 2軍監督退任に関して囲み取材を受ける掛布2軍監督=鳴尾浜球場(撮影・須谷友郁)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・掛布2軍監督、今季限りで退任 考え方に隔たり…金本監督と並び立たず