2017.9.2 17:03

ソフトバンク、CS進出決定! サファテは日本記録に並ぶ46S

ソフトバンク、CS進出決定! サファテは日本記録に並ぶ46S

投球するソフトバンク・サファテ=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)

投球するソフトバンク・サファテ=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)【拡大】

 (パ・リーグ、ソフトバンク3-1楽天、20回戦、ソフトバンク11勝9敗、2日、ヤフオクD)ソフトバンクが投手戦を制し3連勝。今季の3位以内が確定し、クライマックスシリーズ進出を決めた。九回に登板し無失点で切り抜けたサファテは、2005年の岩瀬(中日)らが作った日本プロ野球記録に並ぶ46セーブ目を挙げた。先発の千賀は7回2/3を投げて3安打1失点の好投で12勝目(3敗)。中村晃が2試合連続の決勝打を放った。

 ソフトバンクは三回、先頭の甲斐の二塁内野安打、犠打で一死二塁とすると、1番・川島が右翼フェンスを直撃する適時二塁打を放ち先制した。

 千賀は六回、先頭のオコエ、銀次の連続内野安打と四球で無死満塁と一打逆転のピンチ。しかし4番・ウィーラーを併殺に打ち取り、その間にオコエの生還を許したものの、続く島内を左飛に抑え、この回を最小失点でしのぎきった。

 ソフトバンクはその裏、先頭の川島がが右前打で出塁すると、今宮の犠打で一死二塁。続く3番・中村晃が左中間へポトリと落ちる適時打を放ち、勝ち越しに成功。八回にも今宮の中犠飛で1点を追加した。楽天は7回5安打2失点と好投した先発の辛島を援護できず、9連敗を喫した。

試合結果へ

  • 試合終了後、ベンチを指さすソフトバンク・サファテ=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 6回、適時打を放つソフトバンク・中村晃=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 投球するソフトバンク・千賀=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 3回、適時打を放つソフトバンク・川島=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. ソフトバンク、CS進出決定! サファテは日本記録に並ぶ46S