2017.8.27 05:03(2/2ページ)

“勝ち”ある1点打ァ!阪神・北條、大和離脱からノンストップ11戦連続打

“勝ち”ある1点打ァ!阪神・北條、大和離脱からノンストップ11戦連続打

7回、適時打を放つ阪神・北條=東京ドーム (撮影・吉澤良太) 

7回、適時打を放つ阪神・北條=東京ドーム (撮影・吉澤良太) 【拡大】

 常に、崖っぷちの思いだ。口癖は「巻き返せるように頑張ります」-。不甲斐なさは自身が一番感じている。開幕スタメンから調子が上がらず、2軍落ちも味わった。ルーキー糸原、そして大和の離脱で転がり込んできたチャンス。スタメンが続く中で、この日も午前中から、東京ドームの室内練習場に足を運んだ。片岡、平野打撃コーチに見守られながら、約1時間。板山とともに早出特打を敢行した。

 連続試合安打が続いていることも「気にしちゃダメです。言わんといてください!」とシャットアウト。邪心を振り払うように、バットを振り続ける日々だ。

 「1打席1打席、集中してやっています」

 原口がこの日、2軍降格。高山もファームで汗を流す。超変革の代表格として、ここが正念場。石にかじりついてでも、遊撃の座は離さない。 (竹村岳)

データBOX

 ◎…北條は自己最長を更新する11試合連続安打(昨季は9試合が最長)
 ◎…巨人戦は今季7打点目。セ5球団で、もっとも打点を挙げている

試合結果へ

  • 七回に貴重な適時打を放った北條。これで11試合連続安打だ(撮影・松永渉平)
  • 8回、巨人・村田の打球を捕球し二塁ベースを踏む阪神・北條(左)。中央はベースカバーに入った森越、右は一走巨人・阿部=東京ドーム(撮影・山田喜貴)
  • 阪神・北條の11試合連続安打
  • 8回、2点適時打を放つ阪神・大山=東京ドーム(撮影・松永渉平)
  • 8回、安打を放つ阪神・俊介=東京ドーム(撮影・松永渉平)
  • 7回、選手交代を告げる阪神・金本監督=東京ドーム(撮影・松永渉平)
  • 7回、二塁打を放つ阪神・ロジャース=東京ドーム(撮影・吉澤良太)
  • 2回、先制3ランを放った糸井=東京ドーム(撮影・山田喜貴)
  • 1回、安打を放つ阪神・上本=東京ドーム(撮影・松永渉平)
  • 1回、安打を放つ阪神・福留=東京ドーム(撮影・松永渉平)
  • 9回、登板する阪神・ドリス=東京ドーム(撮影・山田喜貴)
  • 8回、登板する阪神・マテオ=東京ドーム(撮影・山田喜貴)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. “勝ち”ある1点打ァ!阪神・北條、大和離脱からノンストップ11戦連続打