2017.8.27 05:06(3/4ページ)

清宮、連日の特大弾!“初共闘”中村「レベルが違う。かなわない」/U-18

清宮、連日の特大弾!“初共闘”中村「レベルが違う。かなわない」/U-18

特集:
U-18W杯
同点適時打を放った中村

同点適時打を放った中村【拡大】

 23日に終了した甲子園大会で6本塁打を放ち、清原和博(大阪・PL学園)の1大会個人最多記録を更新した中村も負けていない。強行日程の疲れも見せず、初打席で2年後のドラフト候補、最速149キロ右腕・山本龍之介投手(2年)の143キロの内角直球を中前に運び、適時打とした。

 前日、宿舎に到着してこの日の練習からチームに合流した中村は、清宮の本塁打に「こんな頼もしい奴がチームメートでよかった。すごいバッター。レベルが違う。かなわない」と驚きつつ、自身の打撃には「楽しみながら打てた」と胸を張った。3日前まで使っていた金属バットをU-18W杯で使用する木製に持ち替え、すぐ結果を出すあたりに非凡さが表れた。

 実は、2人が同じチームでプレーするのはこの日が初めてだった。清宮は「(中村の合流が)待ち遠しい感じで。ホテルの廊下で初めて会ったときに、格好よかった」と照れ笑い。中村は「初めての印象は『デカイ』、でした」と苦笑いした。

【続きを読む】

  • 試合後は2人で“ヒーローインタビュー”。清宮(右)は中村と満面の笑みを浮かべ、会心のガッツポーズ(撮影・戸加里真司)
  • ソロHRを放った清宮
  • ソロHRを放った安田
  • ベンチで履正社・安田と談笑する早実・清宮(撮影・戸加里真司)
  • 試合後、取材に応じる(左から)広陵・中村、早実・清宮(撮影・戸加里真司)
  • 試合後、カメラに向かってポーズを決める(左から)広陵・中村、早実・清宮、履正社・安田(撮影・戸加里真司)
  • 8回、ソロ本塁打を放ち、塁をまわる清宮(撮影・戸加里真司)
  • 8回、ソロ本塁打を放った清宮(撮影・戸加里真司)
  • 先発の中京大中京・磯村(撮影・戸加里真司)
  • 選手交代を告げる小枝監督(撮影・戸加里真司)
  • U-18日本代表集合写真(前列左から)丸山和郁、三浦銀二、鯨井祥敬、田浦文丸、清宮幸太郎、中村奨成、清水達也、安田尚憲、藤原恭大(後列左から)川端健斗、小園海斗、増田珠、古賀悠斗、井上大成、櫻井周斗、山下輝、伊藤康祐、徳山壮磨、磯村峻平(撮影・戸加里真司)
  • ネット裏には多くのスカウト陣が試合を観戦した(撮影・戸加里真司)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 清宮、連日の特大弾!“初共闘”中村「レベルが違う。かなわない」/U-18