2017.8.24 05:01

阪神・西岡、途中交代…本塁憤死でかかと打撲

阪神・西岡、途中交代…本塁憤死でかかと打撲

5回、二盗を決め、捕手・西田の悪送球の間に3塁へ進む阪神・西岡=神宮球場(撮影・松永渉平)

5回、二盗を決め、捕手・西田の悪送球の間に3塁へ進む阪神・西岡=神宮球場(撮影・松永渉平)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト4-7阪神、20回戦、阪神13勝7敗、23日、神宮)西岡は「2番・二塁」で出場したが、三走だった五回一死三塁、ロジャースの三ゴロで本塁憤死した後、五回の守備から森越と交代。金本監督は「ホームで、ちょっと…。そんな大したことはない」と説明した。

 西岡本人は試合後、自身のインスタグラムで、左足を治療している写真を公開。バットがあったため滑り込めず、ジャンプして着地した際にかかとを打撲したと明かすと「とにかく軽傷ですが、かばうとアキレス腱に負担がかかるので無理しない判断をしてもらい感謝です。でも悔しい」などと記した。大事ではなく、何よりだった。

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・西岡、途中交代…本塁憤死でかかと打撲