2017.8.24 05:02

“花咲徳栄の勝利の方程式”綱脇&清水、怪物から逃げずに日本一

“花咲徳栄の勝利の方程式”綱脇&清水、怪物から逃げずに日本一

先発の花咲徳栄・綱脇慧

先発の花咲徳栄・綱脇慧【拡大】

 第99回全国高校野球選手権大会決勝(広陵4-14花咲徳栄、23日、甲子園)昨夏の3回戦敗退から1年。宿舎は同部屋、互いのいいところを褒め合うのが日課の2投手が、鍛えた成果を決勝でも見せた。先発・綱脇が4回0/3を3失点、残り5回を清水が1失点の“徳栄の勝利の方程式”で日本一だ。広陵・中村には3安打されたが、岩井監督の「逃げたらいかん」との言葉を胸に、一度も逃げずに攻め切った。

 中村に第1打席は左翼線二塁打も、第2打席で大会初三振を奪った綱脇は「思い切って自信のあるスライダーでいって三振。勝ちじゃないかもしれないけど、優勝できた」と目を赤くした。

 清水は中村に3打席で2安打されたものの、七回は空振り三振を奪取。プロ志望の右腕は「力で押せたかなと思ったら内野安打。フォークで三振、真っすぐ勝負ではレフトに打たれ、負けです。次に当たるときは抑えます」と、次の舞台へ闘志をのぞかせた。その前に中村とは高校日本代表でバッテリーとして、世界の同年代との勝負に向かう。 (赤堀宏幸)

試合結果へ組み合わせへ歴代優勝校へ

  • 2番手で投球する花咲徳栄・清水達也
  • 先発した花咲徳栄・綱脇=甲子園球場(撮影・林俊志)
  • 先発した花咲徳栄・綱脇=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 先発した花咲徳栄・綱脇=甲子園球場(撮影・永田直也)
  • 先発した花咲徳栄・綱脇=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 9回、広陵・佐藤を右飛に打ち取って優勝を決め喜ぶ花咲徳栄・清水=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 2番手で登板した花咲徳栄・清水=甲子園球場(撮影・永田直也)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. “花咲徳栄の勝利の方程式”綱脇&清水、怪物から逃げずに日本一