2017.8.19 12:00(1/3ページ)

【土井麻由実のSMILE TIGERS】阪神コーチの仰天エピソード続々 平野コーチ「泣きながら」書いた習字の宿題

【土井麻由実のSMILE TIGERS】

阪神コーチの仰天エピソード続々 平野コーチ「泣きながら」書いた習字の宿題

特集:
土井麻由実のSMILE TIGERS
習字一家で育った平野コーチ。しかし、少年時代は字を書くのが苦手だったそうだ

習字一家で育った平野コーチ。しかし、少年時代は字を書くのが苦手だったそうだ【拡大】

 コーチ陣にだって、子供の頃はあったのだ。そして夏休みの宿題には苦しんだようだ。というわけで、今回の「夏休みの宿題」はコーチ編です。

 平野打撃コーチは「夏休みの宿題って言葉を聞くと、習字の宿題をやっていた自分の姿が思いだされる。泣きながらね(笑)」と懐かしそうに小学生時代を振り返ってくれた。

 「うち、家族みんな字がうまくてね。おやじもおふくろも、ねえちゃんも。特におやじが大学の卒業証書を書くくらい字がきれいでねぇ…」

 習字一家で育ったのだが、恵一少年だけが字を書くのが苦手だったそうだ。「小1から小6まで毎年、習字の宿題が出たの。で、おやじが見本を書いてくれるわけよ。それ見て書くんだけど、全然そのように書けなくて…。何回も何回も書き直しさせられて、ほんと、もう泣きながら書いたの。それしか思いだせない」と言いながら、ハッと気づいたように「忘れていた辛い思い出を、よくぞ思いださせてくれたな」と怒りだした。

 それは申し訳ない。しかし泣いている恵一少年の姿を想像すると、なんだか、かわいらしくて笑いがこみ上げてくる。

 「どんな字を書いたかって? そんなこと覚えてないよ。ただ泣きながら…」。よっぽど辛かったようだ。

 今岡2軍打撃兼野手総合コーチは「最後にまとめてやってたけど、俺、公文式(学習塾)に行ってたからね。算数とか計算系は得意やったよ。計算ドリルなんて、すぐできる。めっちゃ優秀やったわ」とドヤ顔で始まったと思ったら「あ、でも計算以外は全部あかんかったわ。漢字ドリルはまぁいけるけど、文法とか、そういうのは苦手やったなぁ」と顔をしかめる。

【続きを読む】

  • 今年の春季キャンプで西田(右)と競走した藤本コーチ。中学時代はグラウンド整備に使うトンボを作ったそうです
  • 読書好きの矢野コーチですが、子供のころは違った
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【土井麻由実のSMILE TIGERS】阪神コーチの仰天エピソード続々 平野コーチ「泣きながら」書いた習字の宿題