2017.8.6 10:53

3季連続4強の秀岳館・鍛治舎監督が今夏で退任へ

3季連続4強の秀岳館・鍛治舎監督が今夏で退任へ

取材を受ける秀岳館・鍛冶舎監督=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)

取材を受ける秀岳館・鍛冶舎監督=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)【拡大】

 第99回全国高校野球選手権大会に出場する秀岳館(熊本)の鍛治舎巧監督(66)は6日、甲子園球場で報道陣に対し、今夏限りで監督を退任する意向を表明した。

 鍛治舎監督は熊本大会の準々決勝翌日に突発性不整脈で入院し、準決勝と決勝は病室で観戦。体調面での不安が退任の理由ではないとし「進退は自分で決めると言ったが、いい時期かなと思った。選手も自分たちでできるようになり、指導者も育ってきた」と話した。

 鍛治舎監督は県岐阜商高、早大を経て、1974年に松下電器(現パナソニック)に入社。現役引退後は監督としてチームを率いた。2014年4月に秀岳館の監督に就任し、昨年の選抜大会から3季連続で甲子園大会4強入りを果たした。今大会では第4日第2試合で横浜(神奈川)と対戦する。

試合日程へ組み合わせへ

  • 握手をする横浜・平田監督(左)と秀岳館・鍛冶舎監督=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 3季連続4強の秀岳館・鍛治舎監督が今夏で退任へ