2017.8.5 05:00

【展望】攻守そろった大阪桐蔭や横浜、秀岳館などV候補

【展望】

攻守そろった大阪桐蔭や横浜、秀岳館などV候補

注目の横浜・増田、大阪桐蔭・徳山、広陵・中村(左から)が記念撮影。この3人、第4日に登場する

注目の横浜・増田、大阪桐蔭・徳山、広陵・中村(左から)が記念撮影。この3人、第4日に登場する【拡大】

 第99回全国高校野球選手権大会組み合わせ抽選会(4日、大阪市・フェスティバルホール)春夏連覇を狙う大阪桐蔭をはじめ、優勝候補に挙がる広陵、中京大中京、横浜、秀岳館が右側のブロック、しかも第4日に集まり、第1試合から見応えのある戦いになりそうだ。

 大阪桐蔭は徳山-福井のセンバツ優勝バッテリーを中心とした守りと、藤原、山田、根尾ら2年生野手の強打で大阪大会を制した。中京大中京にはプロ注目の内野手、鵜飼がおり、広陵は左腕・平元-中村のバッテリーを中心に打線をどう封じるか。田浦、川端の両左腕と破壊力のある打撃が健在の秀岳館を横浜の左腕・板川、右腕・塩原が失点をどれだけ抑え、増田らを中心に神奈川大会計14本塁打の打線が何点奪えるかが見ものだ。

 連覇のかかる作新学院は左腕・大関の巧みな投球に、伝統の守備力で安定している。緻密な野球と好投手をそろえて早実を決勝で破った東海大菅生、プロ注目の右腕・清水と好打者・西川を中心に激戦の埼玉で3年連続優勝した花咲徳栄も、優勝争いに絡む可能性を持っている。明徳義塾、前橋育英の歴代優勝校は、両監督が「力不足」と声をそろえているが、初戦の勝ち方で一気に躍進していく力はあり、侮れない。 (アマチュア野球担当キャップ・赤堀宏幸)

試合日程へ組み合わせへ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 【展望】攻守そろった大阪桐蔭や横浜、秀岳館などV候補