2017.8.2 05:04(2/3ページ)

金本阪神、初回攻防で負けた…黒田正宏氏が勝負の分かれ目斬った

金本阪神、初回攻防で負けた…黒田正宏氏が勝負の分かれ目斬った

九回一死一塁で空振り三振した上本は、そのまま打席を出てしまい、会沢(後方)の二塁送球を妨害したとして守備妨害を取られ、三振併殺でゲームセット

九回一死一塁で空振り三振した上本は、そのまま打席を出てしまい、会沢(後方)の二塁送球を妨害したとして守備妨害を取られ、三振併殺でゲームセット【拡大】

 えっ、なんで…。

 球場全体があっけにとられる中、ゲームセットがコールされる。ぶ然たる表情でベンチを飛び出した金本監督。そして抗議。だが、しかし…。がけっぷちの猛虎の戦いは、あまりに想定外の玉砕フィナーレだ。

 「審判の判定やし。ベンチからは見えなかった。リプレー検証できるわけでもないので」

 1点を追う九回一死一塁。上本のカウント1-2から一走・西岡がスタートを切る。上本は外角変化球を空振り三振。西岡は二盗成功。一打同点! しかし、悪夢の判定が待っていた。何と上本の守備妨害。空振りの後、打席を出て捕手の会沢の二塁送球を邪魔した、というわけだ。

 「外の球だから(打席から)出ちゃうじゃないの」

 抗議を受けた杉永球審が明かした金本監督の主張。だが、判定は覆らない。「偶然でも、故意でも、捕手の送球を妨害したら守備妨害」という杉永球審の説明に、引き下がらざるを得なかった。

 ただ、試合のポイントは九回ではなく、一回で決していた。

 「大事な試合のヨーイドンでの3失点は痛い。ポイントは一回の攻防」

 そう指摘したのはサンケイスポーツ専属評論家、黒田正宏氏だ。

 阪神は無死から西岡が中前打。ところが、2番・上本の初球バスターの構えからあっさり3球三振。さらに福留、ロジャースと3者連続三振に終わる。

 その裏、広島は先頭田中の四球に始まって、菊池がきっちりバントで送って好機を広げ、丸の四球で一、二塁とし、4番鈴木が先制打。さらにエルドレッドが2点二塁打で3点。

 「打線がつながらない阪神、つながる広島。今季の両軍を象徴する攻撃だった。上本の強攻策はOKだが、粘れる打者だけに3球三振は残念。広島は上位にいるだけにまず1点という攻撃をしてきた」

 阪神バッテリーにも一喝だ。

 「一回の先頭打者への四球は絶対にダメ。チームのムードが悪くなる。打たせて取る配球、ヒットならどうぞの配球でいいのに、フルカウントから内角へ。内角ストライクが投手には一番難しい。少々甘くてもいい場面で厳しくいって失敗し、逆に慎重になるべきエルドレッドの場面で甘くなった」

 2敗すれば、正確には1敗1分けでも、阪神の自力優勝の可能性が消滅する、この3連戦。絶対に負けられない戦いに、スタメンを外れていた福留、西岡を戻した。五回に下位打線からの3連打で反撃を開始し、七回には上本のランニング本塁打で1点差に迫ったが、虎はいよいよ追い込まれた。●または△で自力Vの可能性はなくなる。

 「うーん。まあ、あした頑張りましょう」

 金本監督の言葉を、信じるしかない。 (上田雅昭)

【続きを読む】

  • 九回、守備妨害によるゲームセットに杉永球審(左)に抗議する金本監督(中)。やりきれない幕切れだ(撮影・村本聡)
  • 一回無死一塁で上本は3球三振
  • 9回、阪神・上本は三振その後、阪神・西岡が二盗を試みるが、守備妨害を取られて試合終了抗議する阪神・上本=マツダスタジアム(撮影・村本聡)
  • 9回、三振に倒れた阪神・上本。これが捕手の広島・会沢の送球を妨害したと判定を受ける=マツダスタジアム(撮影・松永渉平)
  • 上本の守備妨害に対して主審に抗議する阪神・金本監督=マツダスタジアム(撮影・山田喜貴)
  • 1回、安打を放つ阪神・西岡=マツダスタジアム(撮影・山田喜貴)
  • 1回、先発の阪神・岩貞=マツダスタジアム(撮影・山田喜貴)
  • 5回、適時打を放つ阪神・福留=マツダスタジアム(撮影・村本聡)
  • 5回、安打を放つ阪神・大山=マツダスタジアム(撮影・山田喜貴)
  • 5回、犠牲フライを放つ阪神・上本=マツダスタジアム(撮影・村本聡)
  • 6回、内野ゴロで一塁にヘッドスライディングする阪神・大和=マツダスタジアム(撮影・山田喜貴)
  • 7回、ランニング本塁打を放つ阪神・上本=マツダスタジアム(撮影・村本聡)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 金本阪神、初回攻防で負けた…黒田正宏氏が勝負の分かれ目斬った