2017.7.31 05:06(4/4ページ)

早実・清宮、プロ志望届提出へ!早大進学“二刀流”視野に/西東京

早実・清宮、プロ志望届提出へ!早大進学“二刀流”視野に/西東京

二回 同点に追いつき、喜ぶ早実ベンチ。左端は清宮=神宮球場(撮影・佐藤徳昭)

二回 同点に追いつき、喜ぶ早実ベンチ。左端は清宮=神宮球場(撮影・佐藤徳昭)【拡大】

早実OBのソフトバンク・王球団会長「俺も最後の夏は(甲子園に)出られなかったからな。清宮もいい打者になるよ。勝ち負けはしかたがない、勝負ごとだから」

朝6時から開門を待った早大OB・石井敏雄さん「清宮君には早大経由でプロに行って活躍してほしい」

清宮について早実・佐々木博之野球部副部長「人なつこくてコミュニケーションを取ることが好きな生徒。それが野球にも生きていたのだと思う」

西東京決勝フィーバーアラカルト

 ★史上最多観衆 2015年夏の西東京決勝、早実-東海大菅生で記録した2万8000人を超える3万人が観戦。前売り券1万枚、当日券1万5000枚が完売し、小学生や招待された学生が5000人だった。
 ★開門と券売 試合開始4時間前の午前9時から開門と券売開始の予定だった。しかし、前日の夕方から列ができ始め、この日早朝には神宮第2球場付近まで入場を待つ列がのびたため、午前6時52分に前倒しされた。
 ★満員札止め 試合開始の午後1時の約2時間前、午前11時4分に満員となり東京大会初の札止めとなった。その後、入場門が1カ所を除いて閉鎖された。
 ★報道陣 テレビ、新聞、雑誌など46社294人が集結。
 ★警備員 大観衆が想定されたため、普段の40-50人から60人程度に増員した。

プロ野球志望届

 プロ野球球団に入団を希望する高校生は日本高野連、大学生は全日本大学野球連盟に提出をしなければならない。未提出だとドラフト会議で指名を受けることができない。NPB、国内独立リーグ、米大リーグのほか女子プロ野球も含まれる。高校生の提出期間は夏の甲子園大会終了翌日から10月12日となっている。

清宮 幸太郎(きよみや・こうたろう)

 1999(平成11)年5月25日生まれ、18歳。東京都出身。早実初等部ではラグビーを経験。東京北砂リトルの投手兼内野手として日本選手権と世界選手権制覇。リトル通算132本塁打。早実中等部では調布シニアでプレー。早実高等部では1年生ながら夏の甲子園で2本塁打を放つなど4強進出に貢献。昨秋から主将を務め、今春のセンバツに出場。2回戦で東海大福岡に敗れた。1メートル84、101キロ。右投げ左打ち。家族は両親と弟。

試合結果へ地方大会日程へ

  • 最後の夏が終わり、会見に臨んだ清宮。こらえていた涙が一気にあふれ出た(撮影・長尾みなみ)
  • 最後の打席となった八回、清宮は痛烈な右前打を放った
  • 1回、一ゴロに倒れる早実・清宮=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 早実・清宮の甲子園でのチーム成績
  • 早実・清宮幸太郎の今大会アットバット
  • 6回の第3打席、ファールフライを打ち上げアウトになる早実・清宮=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  • 4回の第2打席、四球で出塁し気合を入れる早実・清宮=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  • 早実の先発・雪山幹太=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  • 2回、早実・福本翔が適時三塁打を放つ=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 試合を終え健闘をたたえあう早実と東海大菅生の選手ら。左は早実・清宮=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  • 優勝を逃し、会見で涙を見せる早実・清宮幸太郎=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  • 優勝を逃し、会見で涙を見せる早実・清宮幸太郎=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 早実・清宮、プロ志望届提出へ!早大進学“二刀流”視野に/西東京