2017.7.31 05:03(1/2ページ)

東海大菅生、4度目で笑った!松本2失点完投「打倒・早実」達成/西東京

東海大菅生、4度目で笑った!松本2失点完投「打倒・早実」達成/西東京

“4度目の正直”で甲子園切符を手にした東海大菅生ナインは、笑顔をはじけさせた。早実・清宮(後列左から5人目)はベンチ前で無念の表情 (撮影・荒木孝雄)

“4度目の正直”で甲子園切符を手にした東海大菅生ナインは、笑顔をはじけさせた。早実・清宮(後列左から5人目)はベンチ前で無念の表情 (撮影・荒木孝雄)【拡大】

 第99回全国高校野球選手権大会西東京大会決勝(30日、早実2-6東海大菅生、神宮)九回二死、早実の7番・福本翔外野手(3年)にも東海大菅生・松本は真っ向勝負で直球を投げ、中飛を確認すると、高々とガッツポーズを見せた。

 「きょう勝つために、やってきた。涙は出なかった。ランナーを出さないで清宮を迎えることが大事だと思っていて。それができて、単打OKだった」

 対清宮は一ゴロ、四球、捕邪飛、最後の打席こそ右前に運ばれた。それでも強気な内角への直球とスライダーを制球よく投げ分け、2失点に抑えた。

 2年前、早実に5点差を大逆転された悪夢の決勝をスタンドで見ていた松本。昨秋は背番号「1」も制球が定まらず四球が多く、今春からは「11」。そんな中、1日200球以上の投げ込み、走り込みのほか「打者・清宮」を想定してのブルペン投球を続けた。そこで制球力を磨き、今大会では準決勝の日大三戦とこの日の決勝を任され、期待に応えた。

【続きを読む】

  • 2失点完投した東海大菅生の先発・松本健吾
  • 優勝を決め捕手の鹿倉凜多朗と抱き合って喜ぶ東海大菅生の先発・松本健吾=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  • 西東京大会・最近4年の決勝
  • 1回、先制の適時打を打つ東海大菅生・片山昴星=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  • 1回、先制の適時打を打つ東海大菅生・片山昴星=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 東海大菅生、4度目で笑った!松本2失点完投「打倒・早実」達成/西東京