2017.7.30 15:18

早実・清宮、最後の夏終わる 東海大菅生が17年ぶり甲子園出場/西東京

早実・清宮、最後の夏終わる 東海大菅生が17年ぶり甲子園出場/西東京

6回の第3打席、ファールフライを打ち上げアウトになる早実・清宮=神宮球場(撮影・早坂洋祐)

6回の第3打席、ファールフライを打ち上げアウトになる早実・清宮=神宮球場(撮影・早坂洋祐)【拡大】

 第99回全国高校野球選手権大会西東京大会決勝(30日、早実2-6東海大菅生、神宮)プロ注目のスラッガーの清宮幸太郎内野手(3年)を擁する早実は東海大菅生に2-6で敗れ、春夏連続の甲子園出場を逃した。清宮は3打数1安打1四球で史上最多を更新する高校通算108号は出なかった。勝った東海大菅生は2000年の82回大会以来、17年ぶり3度目の甲子園出場を決めた。

 超満員となった神宮球場。東海大菅生は一回に一死一、二塁と好機を作ると、4番・片山が早実先発の雪山から中前適時打を放ち、1点を先制した。その裏、早実の清宮は一回の第1打席で二死走者なしから一ゴロに倒れた。

 早実は二回、二死二塁から7番・福本の右中間適時三塁打を放って1-1とした。早実は四回、先頭・清宮は四球だった。この後、無死一、二塁と好機と作ったが、後続を断たれた。

 東海大菅生は五回、二死一塁から3番・小玉が三塁方向へ打球を放つと三塁手からの送球を一塁手・清宮が捕れず、ボールがファウルグランドを転々。その間に一走が一気に本塁へ生還し、2-1と勝ち越した。なおも二死二塁から4番・片山、5番・奥村が連続適時打を放ち、4-1とした。

 早実は六回、先頭で清宮の第3打席を迎えたが捕邪飛に倒れた。

 早実は八回、一死走者なしの第4打席で清宮は痛烈な打球で右前打を放った。しかし続く4番・野村が遊ゴロ併殺に倒れた。

 東海大菅生は九回、一死一塁から2番・松井が一ゴロを放つと早実の一塁手・清宮が一塁のベースカバーに入った雪山に悪送球。ボールがファウルグラウンドに転がる間に一走が一気に本塁へ生還し5-2とした。なおも二死二塁とし4番・片山が右翼線適時二塁打を放ち6-2とした。先発の松本が2失点完投した。

 熱気に包まれた神宮。当日券は午前11時4分に完売となった。28日には前売り券1万枚が完売。東京大会初の札止めとなり、神宮球場は試合開始2時間前にもかかわらず外野席まで埋まった。この日は午前9時開門予定も、前日の16時頃から列ができ始め、6時52分に開門を早めた。

試合結果へ地方大会日程へ

  • 優勝を逃し、会見で涙を見せる早実・清宮幸太郎=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  • 優勝を逃し、会見で涙を見せる早実・清宮幸太郎=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  • 試合を終え健闘をたたえあう早実と東海大菅生の選手ら。左は早実・清宮=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  • 1回、先制の適時打を打つ東海大菅生・片山昴星=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  • 1回、先制の適時打を打つ東海大菅生・片山昴星=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  • 1回、一ゴロに倒れる早実・清宮=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 二回同点に追いつき、喜ぶ早実ベンチ。左端は清宮=神宮球場(撮影・佐藤徳昭)
  • 2回、早実・福本翔が適時三塁打を放つ=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 早実の先発・雪山幹太=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  • 4回の第2打席、四球で出塁し気合を入れる早実・清宮=神宮球場(撮影・早坂洋祐)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 早実・清宮、最後の夏終わる 東海大菅生が17年ぶり甲子園出場/西東京