2017.7.20 05:02(1/2ページ)

阪神、勝利の方程式崩れ大惨敗…マテオぶち壊し&桑原20戦ぶり失点

阪神、勝利の方程式崩れ大惨敗…マテオぶち壊し&桑原20戦ぶり失点

マテオは八回、鈴木の打球をポロリ。処理に手間取り内野安打としてしまう(撮影・鳥越瑞絵)

マテオは八回、鈴木の打球をポロリ。処理に手間取り内野安打としてしまう(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神3-14広島、14回戦、7勝7敗、19日、甲子園)鉄壁を誇る虎の方程式が崩れた。キッカケは1つのミス。少しのほころびが、傷口を大きく広げた。4番手・マテオは一死しか奪えず、自己ワーストタイの4失点KOで今季3敗目。助っ人の緩慢な守備が、敗戦に直結した。

 「次に切り替えてやっていきたい」

 試合後は必死に前を向いたが、ダメージは大きすぎた。3-3の八回。先頭の鈴木の放ったボテボテの打球をグラブで弾き、あわてて素手でキャッチして一塁へ送球するも、本塁側へそれた(記録は内野安打)。続く松山は左邪飛に打ち取ったが、新井に右中間へ適時二塁打。安部に右前適時打、会沢にも左前打と、勢いを止められる気配がなく、ベンチは仕方なくタオルを投げ込んだ。

 先頭打者の打球を捕球しきれなかったことがすべて。助っ投自身は「そんなことはなかった」と否定したが、金本監督は「マテオが投ゴロがとれたかどうか。あそこですね」と指摘した。

【続きを読む】

  • 桑原は七回に田中にタイムリーを浴びる。20試合ぶりの失点となった
  • 8回、マウンドの阪神・マテオ=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 阪神・桑原、マテオの今季登板成績
  • 阪神・今季の広島戦あゆみ
  • 8回、右膝付近を押さえる阪神・糸原=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 7回、適時打を放った阪神・西岡=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 8回、広島・田中に適時三塁打を許した阪神・山本=甲子園球場(撮影・鳥越瑞絵)
  • 6回、三振に倒れる阪神・鳥谷=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  • 6回、三振に倒れる阪神・中谷=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  • 先発の阪神・小野=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 2回、阪神・糸原が適時打を放つ=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 2回、2点打を放つ阪神・糸原=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神、勝利の方程式崩れ大惨敗…マテオぶち壊し&桑原20戦ぶり失点