2017.7.20 05:01(2/2ページ)

プロ注目右腕・東の夏終わる…神戸弘陵、関西学院に敗戦/兵庫

プロ注目右腕・東の夏終わる…神戸弘陵、関西学院に敗戦/兵庫

力投も敗れた東。次はプロの舞台で勝負だ

力投も敗れた東。次はプロの舞台で勝負だ【拡大】

 プロ注目の東の夏が終わった。中1日。五回までに143キロを4度マークも、六回二死、三塁打を浴びて失点したところで交代を告げられた。

 「中盤から腰の張りとか腕のだるさが出て、思ったように投げられなかった」

 3回戦では昨年の代表校・市尼崎を相手に2失点完投したが、この日は力を出し切れず。春に腰を痛めて離脱したことによる投げ込み不足、スタミナ不足が響いた。

 最速は145キロ。この日もバックネット裏ではプロ3球団のスカウトが視察し、ヤクルト・阿部スカウトは「中1日にしては投げられている。手足が長い割に器用。将来性(が期待)の投手」と評価した。

 中学校の卒業文集には将来の夢を「プロ野球選手」と書いたが、真剣に考え出したのは高校入学後。全国的には知名度は低いが、ひっきりなしに訪れるスカウトの姿が、東にプロの夢を強めさせた。今では将来を「プロ一本」と言い切る。

 「今持っているものを伸ばさないと通用しないと思う。しっかり体も大きくする」。無念の夏を糧に、次の夢を叶える。 (臼井杏奈)

東 晃平(あずま・こうへい)

 投手。1999(平成11)年12月14日生まれ。17歳。兵庫・小野市出身。「小野スポーツ少年団」で野球を始め、小野中1年で「神戸美蹴館ロケッツ」に入団、2年時から小野中軟式野球部に移った。神戸弘陵では1年秋からベンチ入り。1メートル78、71キロ。右投げ右打ち。

試合結果へ地方大会日程へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. プロ注目右腕・東の夏終わる…神戸弘陵、関西学院に敗戦/兵庫