2017.7.13 05:03

広島爆勝!岩本の“八艘飛び”失敗に爆笑!「一生懸命でした」

広島爆勝!岩本の“八艘飛び”失敗に爆笑!「一生懸命でした」

高城(下)を飛び越えようとした岩本だが、失敗…

高城(下)を飛び越えようとした岩本だが、失敗…【拡大】

 (セ・リーグ、広島5-1DeNA、14回戦、7勝7敗、12日、マツダ)イメージは源義経の「八艘(はっそう)飛び」のはずが…。広島・岩本が頭をかいた。

 「一生懸命でした。捕手が目の前にいたので、勝手に体が動きました。試合では初めて。な、名前!? 『ジャンピング・ニー』ですかね…」

 途中出場し、2-1の七回二死満塁で今季初打席へ。左中間へ3点二塁打を放つと、隙を突いて三塁を狙った。捕手・高城の送球が足に当たり、ファウルゾーンを転々。果敢に本塁に突入したが…。宙を舞った95キロの巨体は、あえなく高城に激突。憤死となった。

 試合後、お立ち台に上がったジョンソンは「ホームへのダイビングがすばらしい」と絶賛。試合を決めた大卒9年目に、緒方監督も「何といっても岩本。走塁では空回りもあったけど…」とニヤリだ。9連戦を5勝3敗1分けで乗り切り、優勝した昨年より4つ多い貯金23で首位ターン。球宴明けの17日から、8ゲーム差

の2位阪神を、甲子園3連戦で突き放す。 (柏村翔)

岩本の走塁についてDeNA・高城「(頭上を)飛べるわけないですよね」

試合結果へ

  • 7回広島二死満塁、岩本が左中間に走者一掃の二塁打を放つ=マツダ
  • 7回、3点適時三塁打を放った広島・岩本。本塁へジャンプするも憤死=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 7回、3点適時三塁打を放つ広島・岩本=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • お立ち台で「最高でーす」と叫ぶ広島・ジョンソン=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 勝利を収め、ヒップアタックする広島の野手陣=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 7回、死球を受け一旦ベンチへ引き揚げる広島・丸=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 7回、死球を受ける広島・丸=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 6回、二塁へ走塁後に交代する広島・エルドレッド=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 6回、安打を放つ広島・石原=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 5回、1500試合出場を達成し、花束を受け取る広島・石原=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 3回、DeNA・浜口の暴投の間に広島・丸が生還=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 3回、適時打を放つ広島・丸=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 広島爆勝!岩本の“八艘飛び”失敗に爆笑!「一生懸命でした」