2017.7.6 05:00

DeNA・ラミレス監督、「7番・梶谷」でさらなる上位進出へ 「自由に打ってもらいたい」

DeNA・ラミレス監督、「7番・梶谷」でさらなる上位進出へ 「自由に打ってもらいたい」

4回、逆転の適時二塁打を放つDeNA・梶谷=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)

4回、逆転の適時二塁打を放つDeNA・梶谷=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA4-1阪神、10回戦、阪神6勝4敗、5日、横浜)DeNAのラミレス監督にとって、肝いりの構想だった梶谷の攻撃的2番は、ひとまず“休憩”となるようだ。6番で出場した2日の巨人戦(東京ドーム)に続き5日の阪神戦(横浜)でも2番を外れて7番で先発した。

 「スモールベースボールをしたい意向です。2番にバントが必要となってくる。石川はバントができる。梶谷は三振が多く、7番で自由に打ってもらいたい」

 ラミレス監督が説明した。梶谷は4日時点でリーグトップの83三振を喫している。1番の桑原が出塁したとしても、梶谷が三振してしまうと、走者が進塁できずに3番の筒香に打順が回ることになる。確実に先制点を奪うためにも、小技がうまい石川や田中浩を2番に置くことで、好機でのクリーンアップにつなぐことができるという考えだ。

 さらに、梶谷が7番に入ることで下位打線の厚みも増す。指揮官も「梶谷が出塁し、8番の投手が送り、9番の倉本につながる。倉本の得点圏打率はいい(・309、4日時点)ので。基本的には梶谷は7番でいく」との狙いを明かした。

 さらなる上位進出へ向け、「3番・筒香」に続く「7番・梶谷」がラミレス監督の新たなカギとなる。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. DeNA・ラミレス監督、「7番・梶谷」でさらなる上位進出へ 「自由に打ってもらいたい」