2017.6.30 05:02

ヤクルト・雄平、右手首骨折で長期離脱へ…真中監督「痛い」

ヤクルト・雄平、右手首骨折で長期離脱へ…真中監督「痛い」

28日の巨人戦でスイングした際に痛みで顔をしかめる雄平。今季絶望の可能性もある

28日の巨人戦でスイングした際に痛みで顔をしかめる雄平。今季絶望の可能性もある【拡大】

 ヤクルト・雄平外野手(33)が29日、右有鉤骨(ゆうこうこつ)骨折のため、出場選手登録を抹消された。この日、東京都内の病院で、CT(コンピューター断層撮影)などの精密検査を受け、長期離脱する見込みとなった。

 前日28日の巨人戦(福島)の六回の打席で1球目をファウルにした直後に右手首に痛みを訴え、交代していた。今季は70試合に出場し、打率・307、2本塁打、32打点。故障者が続く中、40試合で4番に座り、打線を牽引(けんいん)してきた。

 「4番がいなくなるのは痛いけど、しようがない。いるメンバーでやるしかない」と真中監督。三木ヘッドコーチは「本人が一番残念だと思う。時間はかかるけど、よくなって戻ってくるのを待つしかない」と話した。

 手術を受ける可能性もあり、全治は未定。2014年4月には開幕投手だった小川が同じ個所を骨折し、1軍復帰までに約3カ月を要している。今季中の復帰は難しい状況で、最下位に低迷するチームにとって4番の離脱は大きな痛手だ。

  • 雄平の骨折箇所
  • ヤクルトの主な故障者
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト・雄平、右手首骨折で長期離脱へ…真中監督「痛い」