2017.6.29 05:04(1/2ページ)

阪神・福留、“仰天”てんびん打法!不振脱出へ執念もノーヒット

阪神・福留、“仰天”てんびん打法!不振脱出へ執念もノーヒット

特集:
福留孝介
福留は左手をバットに添えて、ゆらりゆらりとリズムを取った(撮影・山田喜貴)

福留は左手をバットに添えて、ゆらりゆらりとリズムを取った(撮影・山田喜貴)【拡大】

 (セ・リーグ、中日1-0阪神、11回戦、中日6勝5敗、28日、ナゴヤD)エッ!? スタンドの虎党がざわめいた。二回の第1打席。福留はバットを胸の前に構えると、左手を中ほどに添えて、ゆらりゆらり…。あれはそう、まるで近藤和彦(大洋)のてんびん打法。なりふりかまわぬフォーム改造で、なんとかチームを救おうとした。

 「福留も試行錯誤しているので…」

 片岡打撃コーチは、無言で球場をあとにした40歳ベテランの胸中を代弁した。

 今季、初めて5番で出場した。先発出場した63試合すべてで4番に座っていたが、原口に主砲の座を譲った。3&4月は打率・291、2本塁打、13打点。5月は・284、4本塁打、16打点と打線をけん引。だが、6月は・145、0本塁打、2打点と急降下。金本監督は打順の組み替えについて「(相手投手の)右左もある」と言いつつ「ちょっと(福留)孝介を楽にさせてやろうかなという(こと)」と本音をのぞかせた。

【続きを読む】

  • 元祖・てんびん打法は近藤和彦。この構えでバットを揺らした
  • 福留は九回、ボールをとらえたがひと伸び足りず中飛に倒れる
  • 2回、打席の阪神・福留=ナゴヤドーム(撮影・森田達也
  • 2回、三本間に挟まれタッチアウトになる阪神・福留=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)
  • 球場を後にする阪神・福留=ナゴヤドーム(撮影・山田喜貴)
  • 阪神・福留の今季月別打撃成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・福留、“仰天”てんびん打法!不振脱出へ執念もノーヒット