2017.6.23 13:00

【球界ここだけの話(945)】DeNAが誇る“最強ニコイチ”の絆 梶谷&宮崎のお立ち台は近い

【球界ここだけの話(945)】

DeNAが誇る“最強ニコイチ”の絆 梶谷&宮崎のお立ち台は近い

6月9日の西武戦後、笑顔で球団マスコットの「DB.スターマン」とポーズを取る逆転2ランを放ったDeNA・宮崎 

6月9日の西武戦後、笑顔で球団マスコットの「DB.スターマン」とポーズを取る逆転2ランを放ったDeNA・宮崎 【拡大】

 DeNAに強打の“同学年コンビ”がいる。11年目の梶谷隆幸外野手(28)と5年目の宮崎敏郎内野手(28)。巨人・坂本勇やソフトバンク・柳田、米大リーグ、ヤンキースの田中らと同じ1988年生まれで、いわゆる“ハンカチ世代”だ。

 梶谷は島根・開星高、宮崎は社会人のセガサミーから入団。同期ではないものの、梶谷は「一番仲がいいですね」。アベック弾を放った5月4日の巨人戦(東京ドーム)後には「2人で一つ」を意味する「僕らは“ニコイチ”なので」と喜んだ。宮崎も「食事もよく行くし、いつも一緒にいますね。僕らにしか分からない共通の会話もある」と笑った。

 走攻守のすべてにおいて高い能力を誇る梶谷は今季、恐怖の2番打者として存在感を発揮している。宮崎は驚異の広角打法でセ・パ交流戦終了時点でリーグトップの打率・342を残すなど、5番に定着した。

 ひと足先にプロの世界に入っていた梶谷は、3年目までは主に2軍暮らしだった宮崎について、「ファームにいるときから見ていましたけど、すごい選手だと感じていました。何で(周囲は才能に)気づかないんだろうと思っていました」と回顧する。「天才ですよ。全部がすごい。彼に勝てるのはホームラン数くらいですかね。打率は無理。レベルの違いを感じますね」と一目置く。

 だからこそ、今季の宮崎のブレークには特別な思いがある。「僕がベンチにいる誰よりも打ってくれと思っているんじゃないですかね。首位打者をとってほしいです。お互いに頑張ろうという気持ちがあります」。宮崎の活躍が、梶谷のモチベーションとなっている。

 一方の宮崎も梶谷に刺激を受ける。「入団したときにカジ(梶谷)の打撃を見て、メチャメチャ飛ばしていて、なんで彼が2軍にいるんだろうと思いました。身体能力は高いし、足は速いし…。僕なんか全然ですよ」。さらに梶谷が宮崎の活躍を願っていると聞かされると、「僕もカジを一番応援しているんじゃないですかね。自分が打てなくてもカジには打ってほしいと思っています」と強い絆を口にした。

 「2人でお立ち台という経験がないので、いつかできたらうれしいですね」と宮崎。両者の暴れっぷりを見る限り、実現する日はそう遠くはなさそうだ。(湯浅大)

  • DeNA・梶谷
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. 【球界ここだけの話(945)】DeNAが誇る“最強ニコイチ”の絆 梶谷&宮崎のお立ち台は近い