2017.6.18 17:26

ソフトバンクが交流戦最高勝率 7投手の継投で逃げ切る

ソフトバンクが交流戦最高勝率 7投手の継投で逃げ切る

勝利を収め、交流戦勝率1位を決めた松田(手前)らソフトバンクナインは「ワンダホー」ポーズを決める=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)

勝利を収め、交流戦勝率1位を決めた松田(手前)らソフトバンクナインは「ワンダホー」ポーズを決める=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 (セ・パ交流戦、広島4-7ソフトバンク、3回戦、ソフトバンク2勝1敗、18日、マツダ)交流戦最高勝率を決める一戦は、ソフトバンクが7投手の継投で逃げ切り。3年連続7度目の栄冠に輝いた。

 最高勝率1位になるには勝つしかなかったソフトバンク。一回に松田の適時内野安打で1点を先制。二回には四球や安打を絡めて一挙3点。広島先発の中村祐を二回途中でKOとした。

 五回には松田がこの日2本目の適時打を放ち貴重な追加点。八回には高田の左中間を破る適時三塁打と甲斐のスクイズで2点を加えて広島にダメージを与えた。

 先発の山田が2回1/3を3安打2失点で降板したが、岡本、飯田、五十嵐、嘉弥真、森と細かく継投。最後は守護神・サファテが松山に一発を浴びたものの、逃げ切った。

 ソフトバンクは交流戦で12勝6敗と大きく勝ち越した。パ・リーグ首位・楽天とは1.5ゲーム差。

試合結果へ

  • 先発のソフトバンク・山田=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 8回、適時三塁打を放つソフトバンク・高田=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 5回、松田の適時打で生還し、ベンチに迎えられるソフトバンク・今宮=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 5回、盗塁するソフトバンク・今宮。野手は広島・菊池=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 5回、適時打を放つソフトバンク・松田=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 2回、2点適時打を放つソフトバンク・福田=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 回、適時打を放つソフトバンク・甲斐=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 1回、適時打を放つソフトバンク・松田=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. ソフトバンクが交流戦最高勝率 7投手の継投で逃げ切る