2017.6.12 13:00(2/2ページ)

【球界ここだけの話(934)】中日・松井雅を有名にした本塁打取り消しの珍事…「ベース踏んでいない」とアピールなかったら? 

【球界ここだけの話(934)】

中日・松井雅を有名にした本塁打取り消しの珍事…「ベース踏んでいない」とアピールなかったら? 

9日のオリックス戦で中日・松井雅(右)はマレーロ(奥)の本塁踏み忘れに気づく

9日のオリックス戦で中日・松井雅(右)はマレーロ(奥)の本塁踏み忘れに気づく【拡大】

 だが、松井雅に言わせると「明らかに踏んでいないのだから。あれを見落とすようではダメでしょ」と意外なほどクールだった。

 「みなさんが思っているほど、すごいことをしたと思っていない。当たり前のプレー。少年野球で、捕手をやっている子供でもホームランを打った打者がホームベースを踏んでいるか、きっちりと見ていますよ」

 上武大から2010年にドラフト7位で中日に入団。規定打席に到達したことはなく、これまでの1軍最多出場は14年の67試合。杉山、木下拓らと正捕手争いをしている男が、さらに頼もしく見えたのは、このあとプロ野球選手を目指す子供たちへのメッセージを求めたときの返答だ。

 「捕手は“女房役”というでしょ。たとえばホームベースが汚れているときは、手で拭いてきれいにする。ベースの角が汚れていると、投手もストライクゾーンが見えにくくて投げづらい。プロ野球では球審の方が拭いてくれるけど、だから自分の手でも拭くようにしている。目配りと気配りですよ」

 記者は、うなずくだけだった。(三木建次)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 【球界ここだけの話(934)】中日・松井雅を有名にした本塁打取り消しの珍事…「ベース踏んでいない」とアピールなかったら?