2017.6.7 21:43

貧打が深刻…燕7連敗 真中監督「直球が前に飛んでいる打者ほとんどいない」

貧打が深刻…燕7連敗 真中監督「直球が前に飛んでいる打者ほとんどいない」

試合終了後、ベンチをあとにするヤクルト・山田=ヤフオクドーム福岡(撮影・仲道裕司)

試合終了後、ベンチをあとにするヤクルト・山田=ヤフオクドーム福岡(撮影・仲道裕司)【拡大】

 (セ・パ交流戦、ソフトバンク4-1ヤクルト、2回戦、ソフトバンク2勝、7日、ヤフオクD)今季ワーストの7連敗となったヤクルトは貧打が深刻だ。バレンティン、グリーンの両大砲がともに3三振を喫し、計15三振。9番藤井のソロによる1点止まりで、交流戦8試合で7度目の2得点以下に終わった。真中監督は「直球が前に飛んでいる打者がほとんどいない。狙って打てないと厳しい」と首をかしげた。

 援護のない中で力投した石川は、1球に泣いた。三回2死から柳田へのスライダーが高く抜けて3ランを浴び「失投。こういう時こそ投手が頑張らないと」と責任を背負った。

試合結果へ

  • 3回、三振に倒れるヤクルト・バレンティン=ヤフオクドーム福岡(撮影・仲道裕司)
  • 5回、本塁打を放つヤクルト・藤井=ヤフオクドーム福岡(撮影・仲道裕司)
  • 3回、ベンチに戻るヤクルト・石川=ヤフオクドーム福岡(撮影・仲道裕司)
  • 3回、ボールをよけ倒れ込むヤクルト・バレンティン=ヤフオクドーム福岡(撮影・仲道裕司)
  • 投球するヤクルト・石川=ヤフオクドーム福岡(撮影・仲道裕司)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. 貧打が深刻…燕7連敗 真中監督「直球が前に飛んでいる打者ほとんどいない」