2017.6.3 05:03

ぜ~んぶ逆転負け…ヤクルト、中村の痛恨捕逸で交流戦4連敗

ぜ~んぶ逆転負け…ヤクルト、中村の痛恨捕逸で交流戦4連敗

7回西武1死二、三塁、代打外崎(左)のとき捕手中村のパスボールで同点を許す=神宮

7回西武1死二、三塁、代打外崎(左)のとき捕手中村のパスボールで同点を許す=神宮【拡大】

 (セ・パ交流戦、ヤクルト2-3西武、1回戦、西武1勝、2日、神宮)これも負の連鎖なのか…。1点リードの七回一死二、三塁でバッテリーミスが出た。先発の原樹理が投じたシュートが逆球となって外角へ。この球を捕手の中村が取り損ね、捕逸で同点に追いつかれた。

 「あれは止めておかないと。(原)樹理に迷惑をかけた」と中村。その後、ピンチが広がり、金子侑の遊ゴロで勝ち越し点を奪われた。

 交流戦開幕からの4連敗は、全て逆転負けを喫している。借金は11。真中監督は「(捕逸は)向こうに流れがいってしまう、もったいない失点だった。試合終盤に、いつもこういう展開になっている」と渋い顔。現状打破に向けて「一人一人の奮起。僕ら(首脳陣)も含め、最善を尽くしたい」と前を向いた。 (吉村大佑)

7回3失点で2敗目のヤクルト・原樹理「野球は結果がすべて。(捕逸となった球は)シュートを引っかけた」

三回に左腕・菊池から交流戦初安打となる左前打を放ったヤクルト・山田「欲を言えば右投手から打ちたい。(七回好機の三飛は)内角のいいところに投げられた。打たなければよかった」

試合結果へ

  • 投球する先発のヤクルト・原樹=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 3回、ヤクルト・坂口は同点の適時二塁打を放つ=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 3回、右中間へ同点適時打を放つヤクルト・坂口=神宮球場(撮影・小倉元司)
  • 3回、左前打を放つヤクルト・山田=神宮球場(撮影・小倉元司)
  • 3回、左前打を放つヤクルト・山田=神宮球場(撮影・小倉元司)
  • 4回、本塁打を放ったヤクルト・大引=神宮球場(撮影・小倉元司)
  • 4回、本塁打を放ったヤクルト・大引=神宮球場(撮影・小倉元司)
  • 9回に登板したヤクルト・ギルメット=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • ベンチで厳しい表情を見せるヤクルト・真中監督(右)=神宮球場(撮影・大橋純人)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ぜ~んぶ逆転負け…ヤクルト、中村の痛恨捕逸で交流戦4連敗