2017.5.31 05:03(2/3ページ)

「なにくそ!」阪神・福留、V撃が号砲 糸井歩かされた直後に4番の仕事

「なにくそ!」阪神・福留、V撃が号砲 糸井歩かされた直後に4番の仕事

特集:
福留孝介
糸井嘉男
七回にもダメ押しタイムリーを放った福留

七回にもダメ押しタイムリーを放った福留【拡大】

 「それは相手がそうしただけで俺がやることは変わらないと思うけど、でも、なにくそと思いながら打席には立ったけどね」

 40歳の主将は誇りを守り、胸を張った。4-4で迎えた五回無死、四球で出塁の一走上本が二盗。ロッテベンチは糸井とは勝負を避け、一塁を埋めた。無死一、二塁となり、福留が石川の外寄りの140キロの初球を逆らわずに逆方向へ。百戦錬磨の男だからこそ、心は熱く、頭は冷静に…。左前への決勝タイムリーとなった。

 六回には中越え二塁打、七回にもしぶとく左前適時打を放ち、6打数3安打2打点で4日のヤクルト戦(神宮)以来、19試合ぶり今季3度目の猛打賞をマーク。乱打戦のなかでも抜群の存在感を示した。

 戦友の第一線で戦い続けている姿が、これ以上ない力になる。中日時代から親交のある荒木は今年、自身と同じ40歳になる。2000安打達成に迫る竜のいぶし銀はしみじみと言う。

 「福留はずっとスーパースターであり続けてほしい。俺の夢は俺が野球を辞めて、スタンドであいつのプレーをみることなんだ」。荒木は95年のドラフトで福留、原俊介を外した中日に外れ外れ1位で入団した。3年後「スーパースター」と同じユニホームを着ることになった。

【続きを読む】

  • 五回、火の出るような打球の決勝タイムリーを放った福留。前の糸井が歩かされ、燃えた(撮影・小倉元司)
  • 6回、二塁打を放つ阪神・福留=ZOZOマリンスタジアム(撮影・松永渉平)
  • 7回、適時打を放つ阪神・福留=ZOZOマリンスタジアム(撮影・松永渉平)
  • 5回、適時打を放つ阪神・福留=ZOZOマリンスタジアム(撮影・松永渉平)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 「なにくそ!」阪神・福留、V撃が号砲 糸井歩かされた直後に4番の仕事