2017.5.29 21:54

NTT東日本・飯塚監督、東京都第1代表に「全国で1番先に決められてよかった」/都市対抗

NTT東日本・飯塚監督、東京都第1代表に「全国で1番先に決められてよかった」/都市対抗

都市対抗野球本戦出場を決め、選手たちに胴上げされるNTT東日本・飯塚智広監督=神宮球場(撮影・大橋純人)

都市対抗野球本戦出場を決め、選手たちに胴上げされるNTT東日本・飯塚智広監督=神宮球場(撮影・大橋純人)【拡大】

 都市対抗野球(7月14日開幕、東京ドーム)の東京都第1代表決定戦が29日、東京・神宮球場で行われ、NTT東日本がJR東日本を6-2で下し、2年連続41度目の出場を決めた。

 JR東日本に二回に2点を先行されたNTT東日本は、その裏に追いつき、五回無死二、三塁で3番・宮内和也内野手(23)の中前2点適時打で勝ち越し、その後6番・喜納淳弥内野手(24)の適時打で5点目を入れて突き放し、さらに加点し、四回から救援の最速154キロ右腕・西村天裕投手(24)が6回3安打無失点に抑えた。

 飯塚監督は、「先制されたがすぐ取り返せて、その後に運良く点を取れた。何人かの継投というプランだったが、西村が抑えてくれた。全国で1番先に代表を決められてよかった。社員をはじめとする関係者の応援のおかげです」と喜びを話した。

  • 4回からリリーフで登板、6イニング無失点の好投を見せたNTT東日本・西村天裕=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 4回からリリーフで登板した、NTT東日本・西村天裕=東京都新宿区の神宮球場(撮影・大橋純人)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. アマ野球
  4. NTT東日本・飯塚監督、東京都第1代表に「全国で1番先に決められてよかった」/都市対抗