2017.5.28 05:03(1/2ページ)

阪神D5・糸原、5点糸口セーフティー!金本監督も絶賛「ナイスアイデア」

阪神D5・糸原、5点糸口セーフティー!金本監督も絶賛「ナイスアイデア」

特集:
2017新人情報
三回、セーフティーバントを試みた糸原。クライン(手前)の失策を誘発し、一挙5点の起点となった(撮影・村本聡)

三回、セーフティーバントを試みた糸原。クライン(手前)の失策を誘発し、一挙5点の起点となった(撮影・村本聡)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神9-2DeNA、8回戦、阪神6勝2敗、27日、甲子園)敵の意表をつき、混乱を生み出した。D5位・糸原健斗内野手(JX-ENEOS)がしてやったりの“奇襲”作戦を成功させて大量得点の呼び水になった。

 「安打が出なくて、相手のリズムを崩すことを考えていました。データは頭に入っていたので」

 相手先発のクラインは2メートル1と球界屈指の大男。事前に“足下”が弱いという情報を頭に入れていた。二回まで完全に抑えられて迎えた三回先頭。肩の力をすっと抜き、バットを横にしてコツンと当てた。

 セーフティーバントに、慌てたクラインは打球をファンブル(記録は失策)。この間に一塁を駆け抜けると、さらに続く岡崎の打席では1球目のけん制悪送球で二進。カッカきているところを糸井、福留がアベック弾! 小技で崩してこの回一挙5点を奪い、その後も1安打2四球で全4打席出塁を果たし、3得点で存在感を発揮した。

【続きを読む】

  • 糸原を出迎えた金本監督は「ナイスアイデア」と大絶賛
  • 3回、バントで出塁する阪神・糸原=甲子園(撮影・森田達也)
  • 6回、糸井の打球は相手エラーを誘う。その間に生還し、上本(左)とハイタッチする阪神・糸原=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 6回、DeNA・ロペスの悪送球で阪神・大和に続き生還する阪神・糸原=甲子園球場(撮影・森本幸一)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神D5・糸原、5点糸口セーフティー!金本監督も絶賛「ナイスアイデア」