2017.5.27 11:19

マー君はメジャー自己最多の13Kも4敗目 7回1/3を5安打1失点

マー君はメジャー自己最多の13Kも4敗目 7回1/3を5安打1失点

 ヤンキース1-4アスレチックス(26日、ニューヨーク)ヤンキースの田中将大投手(28)が先発し、7回1/3を投げてメジャー自己最多となる13三振を奪うなど5安打1失点と好投したが、4敗目(5勝)を喫した。球数は111で無四球だった。

 0-0の七回一死、田中はア軍の9番・ロサレスに中前打を浴び、降板となった。ベンチに戻ると、客席はスタンディングオベーション。本拠地で圧巻の“奪三振ショー”を披露した。しかし、救援投手がア軍打線につかまり、この回で0-2とリードされ、九回にも2点を追加された。

 田中は前日の試合が天候不良でスライド登板。一回に3番・ローリーに二塁打を浴びたが、3三振をマーク。スプリット、スライダーの切れが鋭く、ア軍打線を手玉に取った。ここ2試合は大量失点を喫していたが、エースの投球がよみがえった。

試合結果へ田中の成績へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. マー君はメジャー自己最多の13Kも4敗目 7回1/3を5安打1失点