2017.5.22 05:03(2/3ページ)

阪神・ドリス、冷や汗の満塁劇場!奇跡の2K斬り0封17S

阪神・ドリス、冷や汗の満塁劇場!奇跡の2K斬り0封17S

阪神・ドリスの今季登板成績

阪神・ドリスの今季登板成績【拡大】

 「自分のミスでああいうピンチを招いてしまって、自分のボールを信じて、無心で投げた」

 ホッと胸をなで下ろした。1点リードの九回に5番手でマウンドに上がると、先頭の大引が放ったボテボテの打球をファンブル(記録は内野安打)。ミスで投手内野安打とし、怒りから帽子をグラウンドに叩きつけそうになった。続く代打・上田の犠打もグラブで弾く。独り相撲でサヨナラ負けのピンチを作ってしまった。

 だがその後、一死満塁から山田を“奇跡のボール”で三振に斬り、雄平も内角155キロの真っすぐで空振り三振。ガッツポーズする梅野とは対照的に、フラフラの助っ投はマウンドでぼう然とした。

 ヒヤヒヤさせたが、8試合連続ゼロ封でセーブ数「17」もリーグトップ。登板数もチームトップの「22」とフル回転。金本監督も「僕は本当、セ・リーグ屈指だと思っている。ナンバーワンだと思っているしね、後ろはね」と絶大な信頼感を口にした。

【続きを読む】

  • ドリスは九回無死一塁で上田のバントを捕球にいくが、ファンブルしてしまう(撮影・大橋純人)
  • セ・リーグのセーブ上位
  • ドリスは先頭の大引の打球を捕りそこね、内野安打としてしまう
  • 山田は一死満塁で内角へのボール球を空振り三振。助かった~!
  • 勝利してタッチを交わす阪神・ドリス(左)と梅野=神宮球場(撮影・村本聡)
  • 勝利してタッチを交わす阪神・ドリス(左)と梅野。奥はヤクルト・雄平=神宮球場(撮影・村本聡)
  • 勝利したナインを迎える阪神・金本監督=神宮球場(撮影・村本聡)
  • 8回から登板した阪神・マテオ=神宮球場
  • 7回、阪神・福留の打席でヤクルト・ルーキの投球が暴投になり阪神・高山が生還=神宮球場(撮影・村本聡)
  • 七回、阪神・福留を敬遠するボールが大きくそれ、三走が生還。これが決勝点となった=神宮球場(撮影・森本幸一)
  • 7回、阪神・福留の打席でヤクルト・ルーキの投球が暴投になり勝ち越し=神宮球場(撮影・村本聡)
  • 3回、本塁打を放った阪神・高山=神宮球場(撮影・森本幸一)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・ドリス、冷や汗の満塁劇場!奇跡の2K斬り0封17S