2017.5.21 16:42

西武・栗山、プロ16年目で初のサヨナラ本塁打「水をかけたのは誰なんやろう。でもうれしい」

西武・栗山、プロ16年目で初のサヨナラ本塁打「水をかけたのは誰なんやろう。でもうれしい」

9回、本塁打でサヨナラ勝ちに成功する西武・栗山=メットライフ(撮影・早坂洋祐)

9回、本塁打でサヨナラ勝ちに成功する西武・栗山=メットライフ(撮影・早坂洋祐)【拡大】

 (パ・リーグ、西武7x-6ソフトバンク、9回戦、ソフトバンク5勝4敗、21日、メットライフ)西武は、6番・栗山巧外野手(33)がプロ16年目で初となるサヨナラ本塁打を放ち、乱打戦を制した。3位のチームは2位・ソフトバンクとの3連戦を2勝1敗で勝ち越した。

 試合を決めたのは栗山の一発だった。6-6の同点で迎えた九回。一死走者なしで打席に入ると、ソフトバンク・岩崎が投じた3球目の直球を強振。打球はぐんぐんと伸びて右中間スタンドへ飛び込む3号ソロ。サヨナラ本塁打となった。

 西武は、先発のウルフが4-0とリードした六回に突如崩れ、2番手・武隈も打たれて一気に5点を奪われ逆転を許した。それでも、その裏、浅村の犠飛で振り出しに。八回には炭谷のソロ本塁打で勝ち越した。九回は増田が、松田に同点ソロを浴びたが、ベテラン・栗山の一撃で大きな1勝を手にした。

 栗山は「本当にうれしくて…。水をかけたのは誰なんやろう。冷たい! でも、うれしいですね」と興奮を隠せない。「真っすぐだとは思うんですけど、コースとかは覚えていません。あーいったわって感じでした」とサヨナラ弾を振り返った。

試合結果へ

  • 9回、本塁打でサヨナラ勝ちに成功する西武・栗山=メットライフ(撮影・早坂洋祐)
  • 9回、本塁打でサヨナラ勝ちに成功する西武・栗山=メットライフ(撮影・早坂洋祐)
  • 9回、サヨナラの本塁打を打った西武・栗山を、本塁で待ち構えたチームメイトが水攻めにする=メットライフ(撮影・早坂洋祐)
  • 9回、辻監督とガッチリと握手をするサヨナラの本塁打を打った西武・栗山(右)=メットライフ(撮影・早坂洋祐)
  • ヒーローインタビューで笑顔を見せるサヨナラの本塁打を打った西武・栗山=メットライフ(撮影・早坂洋祐)
  • ヒーローインタビューを終え、埼玉県のマスコットキャラクターのコバトンとさいたまっちと記念撮影をするサヨナラの本塁打を打った西武・栗山=メットライフ(撮影・早坂洋祐)
  • 8回、本塁打を放った西武・炭谷=メットライフ(撮影・早坂洋祐)
  • 8回、本塁打を放った西武・炭谷=メットライフ(撮影・早坂洋祐)
  • 3回、本塁打を放つ西武・浅村=メットライフ(撮影・早坂洋祐)
  • 3回、三塁をまわりコーチと握手する本塁打を打った西武・浅村=メットライフ(撮影・早坂洋祐)
  • 3回、左翼へ2点打を打つ西武・外崎=メットライフ(撮影・早坂洋祐)
  • 1回、西武・中村の内野ゴロ間に先制点を奪う=メットライフ(撮影・早坂洋祐)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武・栗山、プロ16年目で初のサヨナラ本塁打「水をかけたのは誰なんやろう。でもうれしい」