2017.5.13 17:09

広島、先発全員安打で巨人に大勝!エルドレッドが2発4打点

広島、先発全員安打で巨人に大勝!エルドレッドが2発4打点

3回、本塁打を放つ広島・エルドレッド=マツダスタジアム(撮影・長尾みなみ)

3回、本塁打を放つ広島・エルドレッド=マツダスタジアム(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 (セ・リーグ、広島11-2巨人、7回戦、広島6勝1敗、13日、マツダ)広島がブラッド・エルドレッド内野手(36)の2本塁打などを含む先発全員安打の13安打11得点で巨人投手陣を粉砕。大量得点に守られた先発の岡田明丈投手(23)が7回2失点で今季4勝目を挙げた。

 広島打線が巨人投手陣を打ち砕いた。一回に鈴木の適時打などで一気に3点。三回にはエルドレッドが9号ソロを放ち、六回にも犠飛で1点を加え、巨人先発のマイコラスを攻略した。

 さらに八回に丸と安部の適時打で得点を加えると、最後はエルドレッドがこの日2本目となる10号3ランで巨人の息の根を止めた。投げては岡田が阿部に2ランを許したが、7回2失点でまとめた。

 4勝目の岡田は「ピンチもあったんですけど、そこで粘れたので良かったです。ストレートが良かったと思います」と振り返った。2本塁打のエルドレッドは、「(自身の)本塁打よりもいい戦いができたことがうれしいです。きょうはいい試合だったと思います」と満足げだった。

緒方監督(岡田に)「前回の反省を踏まえて、しっかりと腕を振って力のある球を投げてくれた」

鈴木(マイコラスから一回に先制打)「いい投手なので、先制点を取れたのが良かった。食らい付いていけた」

試合結果へ

  • 1回、2点適時打を放つ広島・松山=マツダスタジアム(鳥越瑞絵撮影)
  • 1回、先制の中適時打を放つ広島・鈴木=マツダスタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 1回、適時打を放つ広島・鈴木=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 先発の広島・岡田=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 8回、2点適時打を放つ広島・安部=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 8回、3点本塁打を放つ広島・エルドレッド=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 広島、先発全員安打で巨人に大勝!エルドレッドが2発4打点