2017.5.10 18:57

オリックス・吉田正、2軍戦で本塁打も1軍には「中途半端な形では上がりたくない」

オリックス・吉田正、2軍戦で本塁打も1軍には「中途半端な形では上がりたくない」

 開幕前に腰痛で戦列を離れたオリックスの吉田正が10日、ウエスタン・リーグの広島戦(舞洲サブ)に「2番・左翼」で先発出場し、実戦復帰した。先制のソロを放つなど、3打数2安打で2打点を挙げ「打席に入ったら、強くは振れている」と手応えを話した。

 一回の第1打席、初球の直球を代名詞のフルスイングで捉えた打球は、左中間フェンスを軽々と越えた。二回には押し出し四球を選び、六回は左前打。八回の守備から交代した。1軍昇格には「正直(けがの)怖さはある。中途半端な形では上がりたくない」と慎重な口ぶりだった。

 福良監督はヤフオクドームで、12日の西武戦からの1軍合流について「何も問題なかったら」と含みを持たせた。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリックス・吉田正、2軍戦で本塁打も1軍には「中途半端な形では上がりたくない」