2017.5.1 05:03(1/2ページ)

阪神・高橋、3183日ぶりS!ドリス登板回避で緊急守護神

阪神・高橋、3183日ぶりS!ドリス登板回避で緊急守護神

“代役守護神”で9年ぶりのセーブを挙げた高橋。あっぱれ!(撮影・松永渉平)

“代役守護神”で9年ぶりのセーブを挙げた高橋。あっぱれ!(撮影・松永渉平)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神3-2中日、6回戦、3勝3敗、30日、甲子園)3183日ぶりの快感だった。マウンドで聞くのは初めてとなる甲子園の「あと1人」コール。最後を締めたのは、意外や意外、中継ぎエース・高橋だった。最後の打者・大島の左翼線へのライナーを中谷が好捕するのを見届けると、喜びを爆発させた。

 「新鮮でした。良かったです」

 照れくさそうに「あと1人」コールを振り返った“急造守護神”。通算2セーブ目は、鮮やかな3人締めだった。

 中日時代も、FAで阪神に移籍してきた後も、中継ぎ登板を積み重ねてきた左腕。でも3183日前の「あのセーブ」はしっかり覚えていた。

 「山本(昌)さんの後に投げたと思います。広島で。その時は緊張したのを覚えています。でも、きょうは同点でも(九回に)いく予定だったので、特には…」

 予定の行動、のおかげで、思わぬ大役でも慌てることはなかった。

 ただ、金本監督はドキドキだった。

【続きを読む】

  • 8回北條の適時打で勝ち越し、笑顔の阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 8回、適時打を放った阪神・北條(中央)=甲子園球場(撮影・森本幸一)
  • 7回、阪神・鳥谷が安打を放つ=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 7回、投球する阪神・岩崎=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 6回、阪神・糸井が二塁打を放つ=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 6回、阪神・糸井が二塁打を放つ=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • ベンチの阪神・鳥谷=甲子園球場(撮影・森本幸一)
  • 3回、タイムリーを放つ阪神・福留=甲子園球場(撮影・森田達也)
  • 先発の阪神・能見=甲子園球場(撮影・森本幸一)
  • 一回、ピンチに阪神・能見のもとに集まるナイン=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 1回、中日・平田へ四球を与える阪神・能見=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • お立ち台でピースサインの阪神・北條と桑原=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・高橋、3183日ぶりS!ドリス登板回避で緊急守護神