2017.4.24 05:04(1/2ページ)

金本監督采配ズバリ!阪神・中谷、先制打呼ぶ二塁打&2点目呼ぶ中前打

金本監督采配ズバリ!阪神・中谷、先制打呼ぶ二塁打&2点目呼ぶ中前打

G倒の号砲や! 一回、中谷がいきなり左翼線へ二塁打。先制を演出だ(撮影・森本幸一)

G倒の号砲や! 一回、中谷がいきなり左翼線へ二塁打。先制を演出だ(撮影・森本幸一)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人1-2阪神、5回戦、阪神3勝2敗、23日、東京D)独特な緊張感が漂う東京ドーム。試合開始からわずか1分。G倒の号砲が勢いよく鳴った。内海の3球目をとらえ、試合の流れをもってきたのは2年ぶりに1番に座った中谷だ。

 「出たらアピールになると思っていました。よかったです。塁に出たら、後ろはすごい方ばかりです。塁に出ようという気持ちだけでした」

 ファーストストライクを見逃さず、左翼線に鋭い打球が飛ぶ。大きなストライドで悠々二塁到達。一死後、糸井の一ゴロで三進し、福留の3試合連続となる先制打でホームイン。三回一死での第2打席、外角直球をコンパクトに中前へ。一死満塁の好機を演出し、福留の中犠飛で2点目のホームも踏んだ。

 昨季9勝15敗1分と大きく負け越した伝統の一戦。何としてもカード勝ち越しを決めたかった金本監督は打順を組み替えた。打撃が下降気味の高山と中谷を入れ替え、しかも1番に置くと決断した。

【続きを読む】

  • 1番で期待に応えた中谷(背番60)を、金本監督はハイタッチで出迎えた
  • 左翼席を黄色に染める虎ファン。敵地での伝統の一戦の勝ち越しに歓喜(撮影・山田喜貴)
  • 3回、安打を放つ阪神・中谷=東京ドーム(撮影・山田喜貴)
  • 1回、二塁打を放つ阪神・中谷=東京ドーム(撮影・山田喜貴)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 金本監督采配ズバリ!阪神・中谷、先制打呼ぶ二塁打&2点目呼ぶ中前打