2017.4.23 21:37

広島が連敗で4を止める 2年目の西川が決勝二塁打

広島が連敗で4を止める 2年目の西川が決勝二塁打

8回、満塁のチャンスで代打に登場し、2点二塁打を放つ広島・西川=神宮球場(撮影・大橋純人)

8回、満塁のチャンスで代打に登場し、2点二塁打を放つ広島・西川=神宮球場(撮影・大橋純人)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト4-7広島、6回戦、23日、神宮)広島が連敗を4で止めた。4-4の八回に2年目・西川が代打で右中間に2点二塁打を放ち、勝ち越し。さらに田中が右前適時打を放ち、突き放した。

 左翼席と三塁内野席が赤く染まった神宮球場。先制したのは広島だった。二回、1番・田中が相手先発・オーレンドルフから左中間に2点二塁打を放つなど、3点を奪った。その裏、ヤクルトは2点を奪った後、坂口が二死三塁で同点に追いつく左前打。さらに三回には雄平が右翼席へ1号ソロを放った。

 広島は七回に3番・丸が左翼席に同点ソロ。先発の九里は4回1/3を4失点だったが、救援陣が踏ん張り、2回無失点の一岡が今季初勝利を挙げた。

広島・西川の話「昨日1軍登録されて、連敗が続いてたんで流れを変えたいって気持ちで打席に入りました。ストライクがきたら思い切って振りにいこうっていうのは決めて、結果打ててよかったです。守備でも代打でも代走でも、どこでもいけるっていうのが僕の強みなので、また明日から頑張りたいと思います」

試合結果へ

  • 連敗を止めマウンド上で喜ぶ広島ナイン=東京都新宿区の神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 先発の広島・九里=東京都新宿区の神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 2回、田中の二塁打で一気に生還する一走の広島・九里=東京都新宿区の神宮球場(撮影・大橋純人)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 広島が連敗で4を止める 2年目の西川が決勝二塁打