2017.2.5 09:01

張本氏、大谷のWBC欠場に「心配したことが起きた」

張本氏、大谷のWBC欠場に「心配したことが起きた」

特集:
WBCニュース
張本勲氏

張本勲氏【拡大】

 野球評論家の張本勲氏(76)が5日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に登場。右足首を痛めて3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)出場を断念した日本ハム・大谷翔平投手(22)について、「だから心配したことが起きたでしょ。前からいっているでしょ私。けがが心配だと。結果的にいえば走り込み不足ですよ。必ず練習不足になる。両方やるのは難しいよ。大事に至らなきゃいいけど」と投手と打者の“二刀流”の難しさを指摘した。

 大谷はキャンプイン直前の1月31日に「投手」での出場を断念することを表明し、「打者」での参加が可能か調整していたが、日本ハムから日本代表側にメディカルリポートなどが届き、日本代表の小久保裕紀監督(45)が最終判断。これで大谷のWBC出場の可能性が完全に消滅し、4日にソフトバンク・武田翔太投手(23)が追加選出されることが決まった。

 日本ハム・栗山英樹監督(55)は、大谷が3月31日のパ・リーグ開幕戦(対西武、札幌ドーム)に登板できないとの見通しを示した。2年連続で任せてきた開幕投手について「間に合わないと思っている」と説明。投手としては開幕後1カ月程度の期間を与え、コンディション作りを最優先に調整させる。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. WBC
  4. 張本氏、大谷のWBC欠場に「心配したことが起きた」