2017.2.23 05:03(2/2ページ)

守乱に“怒”!阪神・金本監督、6失策バッサリ「やっぱり球際ね」

守乱に“怒”!阪神・金本監督、6失策バッサリ「やっぱり球際ね」

大山の打球をエラーする植田

大山の打球をエラーする植田【拡大】

 あっちでポロリ、こっちでポロリ…。曇天の宜野座を熱くしたルーキーの躍動に、ミスが影を落とした。なんと6失策。エラー続出に、金本監督は表情を険しくした。

 「やっぱり球際ね。上本とか北條とか、自分の(守備)範囲内だから。範囲内の球際って、集中力とか油断とか、そう見られて仕方ない」

 一回一死一塁では上本が一、二塁間へのゴロをグラブに当てながら捕球できず。植田は一回二死一、二塁でD1位・大山の打球をはじくなど2失策した。三回一死一、二塁では北條が三遊間への打球を逆シングルで捕りにいってポロリ。続く板山の二ゴロで併殺を狙った今成の二塁送球がそれて、2点を献上。五回には左中間へのなんでもない飛球を中谷が落球…。

 久慈内野守備走塁コーチは「みんな準備不足。特に球際。捕れているのにポロポロして。そこを強くしないと勝てない。グラブに当てているんだから。これは本人の意識。ただ、1軍じゃ通用しない」とバッサリ。試合後のミーティングでは、コーチ陣がナインを引き締めた。

 昨季、チームはリーグ最多の97失策。ミスで負けた試合が何度もあった。D1位・大山の初ヒットにD2位・小野の快投と明るい材料がそろった日に、課題も浮き彫りになった。

 「これから(首脳陣の見方が)シビアになっていく」

 久慈コーチは表情を崩さず話した。25日にはオープン戦(対日本ハム、名護)が始まる。いかに金本監督が打力優先を打ち出しても、守れない選手の評価が下がるのは当たり前。ミス撲滅! それもレギュラーをつかむための大事な要素だ。 (高瀬悟嗣)

キャンプ日程へ

  • エラーする阪神・上本
  • 中谷の打球をエラーした植田
  • エラーする北條
  • 悪送球する今成
  • 落球する中谷
  • 福留と話す阪神・金本監督=宜野座(撮影・森本幸一)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 守乱に“怒”!阪神・金本監督、6失策バッサリ「やっぱり球際ね」