2017.1.9 05:04(2/4ページ)

阪神、今年は紅白戦の嵐!昨年「3」から2倍以上の1クールに1~2回

阪神、今年は紅白戦の嵐!昨年「3」から2倍以上の1クールに1~2回

宜野座キャンプで行われた紅白戦。昨年は3試合だけだった

宜野座キャンプで行われた紅白戦。昨年は3試合だけだった【拡大】

 激アツの沖縄となる。ハイサイおじさんもビックリの実戦漬け! さぁ、そこら中で若虎たちの火花が散る。新人合同自主トレを視察後、スタッフ会議に出席した金本監督が、キャンプで実戦を多く取り入れることを明かした。

 「紅白戦は多くなりますよ。1クールに1回か2回かな。昨年よりも実戦は増えている」

 就任1年目は「開幕に合わせるキャンプじゃなく、基礎を鍛える」と、まさに練習漬け。紅白戦は3試合で、対外試合を含めても実戦は8試合だった。今年は2月1日からの28日間で6クールあるとすれば、紅白戦だけで6~12試合と倍以上になる見通し。同13日のDeNA戦(宜野座)など対外試合も5試合程度予定されており、超過密日程となる。

 「(試合をするなら)できれば紅白戦。やっぱり野手が出られるから。投手も(対外試合より)倍、投げられる。対外試合になると打席数もイニング数も減ってくる。ユニホームが変わっての対外試合になると(気持ちも)違うと思うけれど、できるだけみたいから」

 対外試合なら、投手であれば遠慮なく、グイグイ内角を攻められる。しかし、できる限り試験場を与えたい。もっと選手をみたい。だから、紅白戦だ。ではなぜ、実戦をそこまで増やすのか? 昨秋のキャンプで得た感触が理由だった。

 「安芸のキャンプであれだけ追い込んでも試合ができた。パフォーマンスを下げることなく。みんな体力がついてきている。鍛える時間と鍛えるキャンプの中での実戦。両方を重視する」

【続きを読む】

  • 春季キャンプでの実戦を増やす金本監督。勝負の2年目へ鍛えながら、結果にもこだわる(撮影・中島信生)
  • 阪神・最近3年の春季キャンプ対外試合&練習試合
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神、今年は紅白戦の嵐!昨年「3」から2倍以上の1クールに1~2回