2017.1.6 05:02(2/2ページ)

甘酒お裾分け!阪神D4・浜地、「我が家の味」と入寮

甘酒お裾分け!阪神D4・浜地、「我が家の味」と入寮

特集:
2017新人情報
キャッチボールをする阪神・浜地真澄=福岡市、福岡大学附属大濠高校野球部グラウンド(撮影・仲道裕司)

キャッチボールをする阪神・浜地真澄=福岡市、福岡大学附属大濠高校野球部グラウンド(撮影・仲道裕司)【拡大】

 引っ越しのあいさつは心配ない。浜地はキャッチボールなど約5時間の自主トレを終えると、実家の自慢の甘酒を先輩に振る舞うプランを明かした。

 「何ケースか持っていくので、飲んでいただけるなら。味は甘いですが、米と水とお酒だけで作られていて砂糖を使っていないところもいいところです」

 近日中の入寮に際して、2回に分けて合計約100本の甘酒を持ち込む予定。高2年時から飲み始め「それまでは季節が変わると風邪をひいたりしました。飲み始めてからは朝もスッキリ、風邪もひきません」と効果は実証済みだ。

 すでに先輩らは各自でプロテインやサプリメントを摂取しているが、流行すれば「結果的に(実家の)宣伝にもなればいいですね」と営業面の貢献も視野に入れている。

 もちろんグラウンドで結果を出すために下半身中心に鍛え上げており「これからは社会人。駄目ならクビになる。気を引き締めたい」と力を込める。おみくじは大吉をひいた。頼れる“相棒”を携え、新たな世界に挑む。 (新里公章)

甘酒(あまざけ)とは

 日本の伝統的な甘味飲料の一種。見た目はどぶろくに似て混濁している。主に米こうじと米、あるいは酒粕を原料とする。酒という名がつくものの、市販されている商品は清涼飲料(アルコール度数1%未満)に分類。未成年でも飲めるものが多い。ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖など栄養が豊富。これらの栄養は栄養剤としての点滴とほぼ同じ内容であることから「飲む点滴」ともいわれている。

ドラフト指名へ

  • 自主トレでジョギングをする浜地。入寮の際は甘酒を先輩らに振る舞うつもりだ
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 甘酒お裾分け!阪神D4・浜地、「我が家の味」と入寮