2017.1.1 05:02

元楽天・長谷部氏、異例の営業マン転身「大好きな野球にも携われる」

元楽天・長谷部氏、異例の営業マン転身「大好きな野球にも携われる」

ユニホームからスーツに着替えた長谷部氏。営業マンとして再スタートする (撮影・広岡浩二)

ユニホームからスーツに着替えた長谷部氏。営業マンとして再スタートする (撮影・広岡浩二)【拡大】

 昨季限りで現役を引退した元楽天投手の長谷部康平氏(31)が、球団に残って営業職に就くことが31日、分かった。2008年大学生・社会人ドラフト1巡目の左腕が、新年4日の仕事始めから球団事務所にスーツ姿で出社する。

 「野球以外の仕事をしてみたかった。今後何をするにせよ営業は必要なスキル」と長谷部氏。球団の打診を快諾した。打撃投手やスカウトなどで球団に残る例はある中、営業マンは異例。楽天では球団第1号となった。

 年間シートの販売業務などに携わる予定。ちょうどこの1年間、ビジネス書などを読み始めていた。「野球を通じていろいろな方と知り合えた。現場で生かしたい」。スーツは5着持っているが、ファッション誌「LEON」などを買って勉強中。「ネクタイも全色そろえて、靴もかばんも買います」とやる気だ。

 野球以外の職歴は、愛知工大3年冬に工事現場で4日間のアルバイトのみ。しかしパソコンを使った授業で、ワードやエクセルなどのソフトに精通。事務作業はスムーズに処理できそうだ。

 「大好きな野球にも携われる」。通算110試合に登板して11勝19敗3セーブ、防御率5・37だった08年のドライチが17年、新たな一歩を踏み出す。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 楽天
  5. 元楽天・長谷部氏、異例の営業マン転身「大好きな野球にも携われる」