2016.12.29 05:01

阪神・秋山、開幕ローテへ“二刀流”「投げること以外やって損することない」

阪神・秋山、開幕ローテへ“二刀流”「投げること以外やって損することない」

子供たちの前で自慢の打撃を披露する秋山。自ら打って、勝つ!

子供たちの前で自慢の打撃を披露する秋山。自ら打って、勝つ!【拡大】

 阪神・秋山拓巳投手(25)が28日、プロ野球愛媛県人会の野球教室に参加し、伊予市民球場で小学生を指導した。打撃投手を買って出ただけでなく、豪快なティー打撃も披露。本業の「投」を助けるため、“二刀流”を磨いて開幕ローテをつかむ決意を語った。

 「投げること以外もやって、損をすることはないので。頑張りたいです」

 愛媛・西条高時代に甲子園出場。投打で活躍し“伊予ゴジラ”として鳴らした。「この球場で試合をしたこともありますね。でも(その愛称は)やめてください…」。照れくさそうに話したが、原点から再出発する。

 あくまで本業は「投」だが、今季は9月16日のDeNA戦(甲子園)で2打数2安打。4年ぶり白星を、自らのバットでたぐり寄せた。過去に打者転向の話も出たほどの武器を、生かさない手はない。

 年明けは昨年に続き、京都でオリックスの岸田、平野と合同自主トレを行う。「志願してでもハードなメニューをこなしたい。例年よりいろいろと、感覚の話とかを聞きたい」と、鼻息荒く意気込んだ。 (長友孝輔)

  • 子供たちの打撃を見守る阪神・秋山
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・秋山、開幕ローテへ“二刀流”「投げること以外やって損することない」