2016.12.18 05:03(2/2ページ)

広島・誠也、メジャーへの思い初激白!「興味はあります」

広島・誠也、メジャーへの思い初激白!「興味はあります」

トークショーで話す広島・鈴木(右)と野間=山口県周南市(撮影・鳥越瑞絵)

トークショーで話す広島・鈴木(右)と野間=山口県周南市(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 熱気ムンムンの会場が突然の“神のお告げ”!? にどよめいた。応募が8500人と殺到し、抽選で選ばれた420人が詰めかけたトークショー。司会者から「メジャーリーグに興味がありますか?」と問われた鈴木が大きくうなずいた。

 「興味はあります。いま行きたい、というのはないですけど、野球をやっている以上は、上の世界に興味はあります」

 大リーグ挑戦という夢を初公言-。もともと関心は強かったが、鈴木にとってメジャーリーグは常に“身近”だった。

 入団から3年間同僚だった前田健太は昨オフ、ポスティングシステムを利用して、ドジャースへ移籍した。そして海外FA権で海を渡った後、カープに戻ってきた黒田博樹とは2年間ともにプレー。「トレーニングのときに話し掛けてもらいました。メジャーのことを聞いたりしていました」と振り返った。

 イベント後の取材では「メジャーリーグをずっと見ていたので興味があるだけ。行きたいか、行きたくないかはわからない。まだそのレベルではない」とあくまで将来的な話であることを説明。海外FA権取得にはあと6年と36日が必要で、順調でも29歳、2023年シーズン終了後だ。ポスティングシステムを利用すれば話は別だが…。

 「今の自分のレベルに満足はしていない。失敗しても新しいことに挑戦して、もっと上のレベルでやりたい」。まずは自身のレベルアップに集中する。12月はマツダでトレーニングし、来年1月にはソフトバンク・内川の合同自主トレに参加。夢は胸の内におさめ、リーグ連覇、33年ぶりの日本一を見据える。 (柏村翔)

★大谷意識する!

 鈴木の同級生、日本ハム・大谷は今オフ、球団から来シーズン終了後にもポスティングシステムを利用した米大リーグ移籍を容認された。11月の侍ジャパン・強化試合の際にチームメイトになり、意気投合した鈴木は、トークショーで大谷について問われ、「意識はしています。外国人よりパワーがある。生活の質とかも違う。すごいです」と絶賛した。

  • サンタ姿でファンとふれあう鈴木(右)。米大リーグへの夢を初めて公言した(撮影・鳥越瑞絵)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 広島・誠也、メジャーへの思い初激白!「興味はあります」