2016.12.9 05:04(2/3ページ)

燕D1寺島、「目標ビッグ4」ぶちあげた!開幕1軍&新人王&侍&沢村賞

燕D1寺島、「目標ビッグ4」ぶちあげた!開幕1軍&新人王&侍&沢村賞

特集:
ドラフト情報
真中監督(左)に見つめられながら質問に答える、ヤクルトのドラフト1位の寺島(右)=東京都港区のヤクルトホール(撮影・大橋純人)

真中監督(左)に見つめられながら質問に答える、ヤクルトのドラフト1位の寺島(右)=東京都港区のヤクルトホール(撮影・大橋純人)【拡大】

 約500人のファンが見つめる新人入団会見。18番のユニホームに袖を通した寺島が、来季の目標を力強く言った。

 「まずは開幕1軍。そして、新人王を目指したいです。18番は、世間的にエースナンバーといわれる。僕はあまり意識しませんが、結果を残したい。セールスポイントはストレートです」

 自信のある直球は最速150キロ。高卒新人ながら即戦力評価の左腕は、今季、本塁打と打点の2冠に輝いたDeNA・筒香との対戦を熱望した。

 「筒香選手と対戦したいです。打ち取る自信? あると思います…」

 最後は司会者に“言わされた感”があったが、先輩の力を借りてレベルアップする。山田は履正社高の先輩。寺島は「球界を代表する選手ですから、どんな攻め方をされたら嫌かなど、いろいろ聞いてみたい」と打者心理の勉強に意欲。好きな言葉は『平常心』。中学時代は卓球部に所属しており、卓球が得意なことも明かしてファンの興味を集めた。

 U-18日本代表に選ばれ、高校ビッグ4の一角を担った逸材。来年1月の新人合同自主トレで問題がなければ、2月は1軍の沖縄・浦添キャンプに同行する見込みだ。

【続きを読む】

  • ユニホーム姿の新人たちは真中監督(前列中央)を囲み、ガッツポーズを決めた
  • 会場の反応に動揺する真中監督(左)を笑顔で見つめる、ヤクルトのドラフト1位・寺島=東京都港区のヤクルトホール(撮影・大橋純人)
  • 笑顔で記念撮影する(左から)ヤクルト・衣笠球団社長、ドラフト2位の星、真中監督=東京都港区のヤクルトホール(撮影・大橋純人)
  • 抽選でサインが当たったファンと握手を交わすヤクルトのドラフト1位・寺島=東京都港区のヤクルトホール(撮影・大橋純人)
  • 衣笠球団社長(左)からユニホームのボタンのつけ忘れを指摘されるヤクルトのドラフト2位・星(右)=東京都港区のヤクルトホール(撮影・大橋純人)
  • 真中監督(右)から胸板を触られ笑顔を見せるドラフト3位の梅野(中央)。左は衣笠球団社長=東京都港区のヤクルトホール(撮影・大橋純人)
  • 中日・平田にそっくりなヤクルトの育成ドラフト1位・大村(左)。FA移籍せず残留した平田に重ね合わせ、恨み節?のつば九郎=東京都港区のヤクルトホール(撮影・大橋純人)
  • ヤクルトの新入団選手発表でポーズをとる(前列左から)古賀優大捕手、寺島成輝投手、真中監督、星知弥投手、菊沢竜佑投手、(後列左から)育成の大村孟捕手、梅野雄吾投手、中尾輝投手=東京都港区
  • つば九郎のアドバイス通り?にボケたヤクルトの育成ドラフト1位・大村(左)。はやくも息ピッタリなところを見せた=東京都港区のヤクルトホール(撮影・大橋純人)
  • ヤクルト・新入団選手
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. 燕D1寺島、「目標ビッグ4」ぶちあげた!開幕1軍&新人王&侍&沢村賞