2016.12.6 05:02

危機感たっぷり!オフも鳴尾浜は阪神・北條ら若トラで大にぎわい

危機感たっぷり!オフも鳴尾浜は阪神・北條ら若トラで大にぎわい

鳴尾浜でランニングをする北條。若虎にオフはない

鳴尾浜でランニングをする北條。若虎にオフはない【拡大】

 師走に入った鳴尾浜が大にぎわいだ。オフに入った阪神の2軍施設に5日、高山俊外野手(23)、北條史也内野手(22)ら若手計23選手が姿を見せた。年の瀬に入っても若虎たちの気持ちに緩みはない。

 高山は練習後「ウエートトレとかはしていたんですが走る機会はあんまりなかったので、基礎体力(を鍛えたい)ですね」と話した。浜風を浴びながら、1本30秒という条件の中でのポール間ダッシュを板山、竹安、植田、望月とともに行った。終わればウエートトレに打撃練習。今オフはスタミナ向上も図る。

 背番号「9」をお披露目した新入団会見から1年が経った。「早いなという感じですね」。D1位大山ら新戦力が加入。金本監督は若手をどんどん登用していく方針とあり、どの選手もライバル出現に危機感を募らせていた。冬の間も若虎同士の競争が激しさを増す。 (須藤佳裕)

鳴尾浜自主トレメンバー

 岩貞、竹安、守屋、山本、松田、望月、桑原、岩崎、小宮山、梅野、小豆畑、原口、北條、新井、西田、森越、陽川、植田、高山、江越、伊藤隼、中谷、板山

  • 今季10勝した岩貞もキャッチボール
  • 高山(右)は同期の板山(左)とポール間ダッシュ
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 危機感たっぷり!オフも鳴尾浜は阪神・北條ら若トラで大にぎわい